« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月30日 (水曜日)

「ルリタテハ」を捕まえました!!

27日日曜日庭で遊んでいた孫の肩に少し大型のきれいな蝶がとまりました。お父さんが虫取り網で捕まえました。早速おジジの出番で孫の昆虫図鑑で名前を調べました。結果「ルリタテハ」の秋型の雌とわかりました。樹液に集まり、成虫で越冬するそうです。羽根をひろげて6センチくらいあり、全国に生息し、関東では6〜10月に羽化するそうです。幼虫はサルトリイバラ、ホトトギスなどを食べるようです。メダカの水槽を逆さまにして中に入れてやり、1日中孫たちは珍しそうに観察していましたがお父さんの言いつけで夕方離してやりました。元気に向かえの森に帰って行きました。そのときの写真です。IMG_8912
IMG_8913
IMG_8915

2005年11月29日 (火曜日)

雲巌寺

栃木県黒羽町(10/1大田原市と合併)から大子町への街道沿いの清らかな渓流の境地に、臨済宗妙心寺派の名刹、雲巌寺があります。
 筑前の聖徳寺、越前の永平寺、紀州の興福寺と並んで、禅宗の日本四大道場と呼ばれ、山門の正面にある朱塗りの反り橋を渡って石段を登ると、正面に釈迦堂、獅子王殿が一直線に並ぶ代表的な伽藍配置となっています。
 俳聖松尾芭蕉はこの地で「啄木も庵は破らず夏木立」の句を残しています。(大田原市)また紅葉の名所でもあります。
11/28日おババと二人で訪れました。少し見頃を過ぎていましたがすばらしい紅葉を見せてくれました。

IMG_8949 IMG_8957 IMG_8960

矢板の尚任沢

栃木県の高原山と矢板の山間に尚任沢がある。ここは栃木県の名水100選に入る名水である。毎日沢山の人がポリ容器を持って.名水の採取に訪れる所である。11月25日に訪れたときの写真である。

IMG_8848


IMG_8853
IMG_8855

2005年11月22日 (火曜日)

もずだ!!

ジョウビタキは10月中旬頃からやって来ていた。道路を隔てた畑の中の10メートルくらいのところに居たので、カメラを引っ張りだして慌てて構えたが、すでに20メートルくらいは離れてしまっていた。それでも1.75倍の望遠をあわてて付けて撮影した。それが下の写真である。おばあちゃんに見せたら、これは「もず」だよと教えてくれた。望遠で手持ちで撮ったので少しぼけているが私としては上出来だ。結果「もず」でした。
おババ、おばあちゃん、と孫たちは呼んでいるが私たちの間ではお母さんと呼ぶ。お母さんは何でもよく知っている、今の「もず」にしても花でも山野草でも植物でもなんでも名前をよく知っている。何時覚えたのか知らないがいろいろな辞書を引っ張りだしてはほれこれだよと教えてくれる。意外と物知りだ。尊敬する。いま油絵を描いている。出来上がったらまたお見せします。
IMG_8794
IMG_8797

2005年11月21日 (月曜日)

那須野ヶ原の朝焼け

寒い朝が続きます。今朝は少し早く起きて朝焼けを撮りに自宅下まで下りました。


IMG_8771
IMG_8760

2005年11月20日 (日曜日)

里芋と豚肉と温泉

昨日始めて霜がおり里芋の葉がしおれて収穫時期となったので里芋掘りをやった。おババが春に残った芋を5個植えておいたものだ。箱一杯にとれて大量だ、夕食で食べたがスパーのものとは違い柔らかくて美味しかった。
昼からは以前に紹介した、「おいしい豚肉」をおババと買いに行った。車て20分位走る。山里の一軒の農家であるが自分の農場で育てた豚を土曜日の1時から5時までの限定で売ってくれる。主婦やおばはん方がもう10人くらいいて倉庫の一角みたいな売り場はいっぱいだった。3種類買ったがこれも夕食で薄切りを嫁さんが焼いてくれて大変美味しかった。もし近くに来るときがあったら寄ると良いね。
午前中に畑仕事をやって汗をかいたとこじつけて夕方大田原温泉に行く。ここも近くに来たら寄ると良いね。夕日の大田原城址を仰ぎながら入れる。里芋と畑。

IMG_8781

IMG_8782

2005年11月17日 (木曜日)

ミヤコタナゴと環境問題

地球温暖化の影響が動植物の成長に色々影響している事が「生き物好き好き人間」にとって身近に感じられます。
今回はプロフィールウエブサイトHP mac.comにおいて特集を組んでみました。

2005年11月16日 (水曜日)

塩原温泉の紅葉

昨日塩原温泉の紅葉が見頃ですと、新聞に出ていたので早速見に行きました.場所は「塩原もの語り館」の「紅(くれない)の吊り橋」の周辺がすばらしい紅葉でした.今年の紅葉は遅ればせながら有終の美を飾ってくれました.観光客は足湯にも気持ち良さそうに入っていました.
IMG_8681
IMG_8685
IMG_8711
IMG_8730
IMG_8750

那須連峰の秋

山頂は紅葉も既に終わり、那須岳には初冠雪を見、はや冬の使者が少しずつ近づいて来ます。動物も植物もこの時期はみんな冬支度に忙しい事でしょう。
昨日はタマネギの苗を300本、本植えしました。来春めざし、えんどうやそらまめを植えるので畝を作ってやりました。家庭菜園程度ですが結構収穫はあります。現在は白菜、キャベツ、人参が好調です。自分たちで作ったキャベツは甘くて美味しいですよ。ブロッコリーもよく出来て美味しかったです。無農薬で有機肥料だけです。虫がいっぱいつきますがおババが箸で根気に毎日取っています.
IMG_8659

2005年11月12日 (土曜日)

さつまいも掘り

さつまいも掘りを朝から頼まれていたが今日は色々忙しく夕方となってしまった。孫たちが待っていたので開始する。今日はお父さんが居たので芋掘りは任せ、私は写真班である。さてさて大笑い!なかなか出てこない。全部掘り返したが出てこない。孫たちの情けない顔、大笑いである。何が悪かったのか今年は完敗である。全部ネズミのしっぽ。
IMG_8620

IMG_8621

IMG_8629

今日は車をトヨペットに出した。平成9年型のマークⅡだ。ただいま、91500キロ。購入して6年経つが絶好調だ。車検までの間、6ヶ月に1度整備点検を受けている。丁度5千キロくらい走ったことになるのでエンジンオイルの交換(1000円)と、プロケア10コース(3620円)の整備を受けて計4620円できちんとした整備がしてもらえるので安心してまた走れる。1時間ほど待ったがエンジン快調。20万キロまで乗りつぶすつもり。
IMG_8608
IMG_8609

地元農家直売店 「こうと」

今日は野菜を仕入れに「こうと」へ行った。ここは地元農家約50件の野菜直売店で、安くて、新鮮な野菜が購入出来る。3年前はそれほどでもなかったが、今では評判となり、繁盛している。月に2回は訪れます。場所はさくら市(旧喜連川町)上河戸952−14、県道48号線(旧陸羽街道)上河戸交差点りんご園隣です。インターネットでも検索出来ます。
IMG_8610

2005年11月11日 (金曜日)

ミヤコタナゴ

本日ようやく大田原市のミヤコタナゴの保護地に行き着きました。なぜ近くにおりながら見つけられなかったのか分かりました。県道の右側に案内板がありそれを右折れして探しましたが、今日も最初は見つかりませんでした。よくよく案内板を見れば県道右側に案内板はあるがよく見ると尖っている方が左を指していました。頭に来ましたが自分のおっちょこちょいにあきれています。写真はうまく写っていませんが見てください。IMG_8577
IMG_8579
IMG_8510
IMG_8554

その他画像に付いてはhttp://homepage.mac.com/tanikeiを見てください。

白鳥

ミヤコタナゴに続いて6キロほど東の羽田沼に白鳥を見に行きました。毎年沢山のコハクチョウが遠いシベリヤから飛来します。今日はまだ早いのか、3羽しかいませんでした。それでものびのびとくつろいでいました。去年も沢山のコハクチョウが飛来し越冬していました。また羽田沼はミヤコタナゴの水源にもなっており、その下流は保護池となっています。
IMG_8590
IMG_8597
IMG_8600
IMG_8605

2005年11月 9日 (水曜日)

日塩もみじライン

引き続き今日は塩原方面の紅葉を見に行く。水曜日の平日にも関わらず、西那須野の塩原登り口は
10時だというのにすでに渋滞、1時間でようやく渋滞を抜け、すばらしい紅葉を眺めながら、日塩紅葉ラインを下る。
鶏頭山の「峠の茶屋」でそばとうどんとお汁粉とおでんで昼食を済ました。お汁粉の小豆の味がおいしかった。
鬼怒川温泉、今市、玉生、矢板を抜け一路西那須野に入る。それでも3時半に自宅に着いた。これで待ちに待った紅葉も今年の見納めと成る。目を焼かれたようなすばらしい紅葉であった。満足、満足。
運転で疲れたので、大田原温泉で疲れを癒す。
IMG_8398
IMG_8403

IMG_8449

IMG_8464

2005年11月 8日 (火曜日)

深山湖の紅葉

板室温泉の手前を那須岳に向かって左に折れて5キロ、人造湖であるが奥行きのある深山湖に到達する。ここの紅葉も楽しみながら今日の紅葉見物を終わる。もちろん奥様同乗である。今週は塩原の紅葉も見に行きますのでまた見てください。
IMG_8394
IMG_8391

板室温泉の紅葉

那須岳の塩原寄りにある板室温泉に寄ってみました。
ここもすばらしい紅葉でした。IMG_8349

IMG_8350

IMG_8388

那須の紅葉

待ちに待った紅葉をめざして那須岳に向かいました。
車で山頂近くまで登りました。中腹の紅葉はすばらしいものでした。那須岳、朝日岳、その中腹。手前に赤く見えるのはななかまどの実です。
IMG_8358

IMG_8366

IMG_8384

満足、満足。

2005年11月 5日 (土曜日)

おいしい豚肉の紹介

日本一おいしい豚肉。そんな表現がオーバーでない。うちではすでに教えて頂いて3ヶ月の3回目の購入と成る。1時から5時までの営業であるが何も変哲ない農家の倉庫の一角である。近くに遠征のおりにはお立ち寄り頂きたい。別に私が宣伝料を貰っている訳でもない。美味しいから美味しいのだ。まだよく調べてはいないが自分の家で丁寧に育て、消費者直通の直販売らしい。育て方に秘密があるらしい。取材はこの次とする。IMG_8281
IMG_8287IMG_8284
車で30分くらいかかるが1時30分に着き10人以上のお客さんが引きも切らなかった。
喜連川まで行けば分かると思いますので取りあえず住所を書いておきます。
(有)あさの329−1406栃木県塩谷郡喜連川町大字南和田465 TEL028-685-3951 少し分かりずらいと思いますが、喜連川町今は合併でさくら市で近くへ行ったら聞けば分かる。ものは試し。

周辺には温泉も沢山あり、ひと風呂浴びるのもひとつ。 クリスマスも近づいたので気分転換にテンプレートをクリスマスバージョンに替えました。

タガメの卵 その2

無精卵にしても、せっかく生んでくれた卵、NHKでは雄が卵が孵るまでそばを離れず、新鮮な水をかけていたように思いました。水槽に沈んでいた卵を箸でそっとつまみ出して、写真のような瓶と網の上にのせて水をきらさないようにかけてやりそんな方法を考えて、ふ化するように祈りながら孫たちのためにも頑張りました。IMG_8275
IMG_8277だめであれば仕方ありません。今後色々考えてみます。

大田原城址の落日

紅葉も遅れ気味でよいショットが撮れないので、今日は大田原温泉に行く途中で、大田原城址に登り夕日を撮ってみました。久しぶりに満足な夕日が撮れました。IMG_8289
IMG_8309
IMG_8315
IMG_8319
IMG_8320
IMG_8324

2005年11月 4日 (金曜日)

タガメの卵?

タガメの卵?、ちょっと舌を噛みそうです。IMG_8268
タガメはあまり動きませんが元気?のようです。

IMG_8271 IMG_8274

2005年11月 2日 (水曜日)

雲巌寺と地球温暖化

今日は八溝山系の麓近くにある芭蕉で有名な雲巌寺を訪れた。もちろん紅葉を見に行ったのであるが、この山深い山中ですら紅葉は見られなかった。前から云っているように今年は少し変だ。紅葉が1ヶ月遅れている。警戒すべき気象条件だ。
地球の温暖化、まぎれもなくその兆候が現れている。北極の氷が溶けて、海面が上昇し、東京が水没する。映画のように成るのも真近か?どう自分個人は対処すればよいのか。車に乗るのを止めればよいのか。そうも出来ないと思うし。もっと真剣にみんなで考えよう!。

2005年11月 1日 (火曜日)

大田原温泉

当那須野ヶ原は旧西那須野町、旧黒磯市、那須町、大田原市など那須岳を扇の要とする火山砂礫層の上に出来た原野を云う。我が西那須野は那須岳の南約25キロのところにある。そのためこの那須野ヶ原一帯は自然天然温泉や掘削温泉が至る所に出来ている。大田原温泉もその掘削温泉の1つで昭和58年8月に先代社長が1050メートルの地下から掘り出しに成功したと云われる上質の温泉である。
DSC00623
DSC00624

我が家から来るまで10分の近くにあり、温泉の質が良いのでいつも利用する。おすすめの温泉でもある。

すぎたけ

若嫁さんが10/31農家の大豆畑に出来る「すぎたけ」と称するキノコを友達と大量に穫らせてもらって来た。
写真の通りであるがなめこの茎を大分大きくしたようなキノコだ。傘に斑点が沢山ある。ほんとうにたべられるのかインターネットで調べてみたが、確かに「すぎたけ」と云うのはあるが、杉林に生えるものだそうです。農家の話では元々は杉林に生えているものでそれと同じだという事です。大豆畑に出来る『すぎたけ』。少し心配ですが、農家の方が大丈夫と云っているので大丈夫でしょう。湯出上げて塩に付けておけば長期保存が出来るそうです。大量で大変でしたが嫁さんが全部仕込みをしてくれた。夕食にはサラダとして出してくれたが、歯触りはキノコで美味しかった。
IMG_8263
IMG_8261
IMG_8264

西那須野産業文化祭と「長寿の湯」

10/29運動公園で西那須野産業文化祭がありました。みんなで出かけました。
IMG_8233

IMG_8234

IMG_8240

帰り2時頃会場の同じ敷地内にある旧西那須野町「長寿の湯」に私だけ入りに行った。ここはナトリュウム温泉で65才以上200円なので安くてよい。お湯の質もまずまずだ。 町内唯一の温泉だ。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »