« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月30日 (火曜日)

金魚の赤ちゃん 生後20日目です

50匹は居るでしょうか。全部元気に生きています。大きいのは1.5センチほどになりました。心持ち赤くなって居るような気がします。えさの秘密兵器は- - - - - -「ミジンコの冷凍」です。おババが見つけました。
生まれたての頃はじいちゃん先生に教えて頂いた茹でた鶏卵の黄身をすりつぶして与えていました。これは粒子が細かくよく食べて最高に良かったです。
少し大きくなった5日目から「ミジンコの冷凍」を与えました。水にすぐ溶けて、よく食べ、日毎に大きくなりました。
「ミジンコの冷凍」はホームセンターに売っています。1センチ立方の大きさのが50個くらいあります。1パック400円です。
与え始めは1日1個を3回に分けて与えていました。20日目の今は1日3個となりました。よく食べますね。
水槽は30センチのガラスの小さめのものです。小さくて分かるでしょうか。この金魚の担当はおジジです。

Dsc01889Dsc01893Dsc01903

2006年5月28日 (日曜日)

紅白対抗リレー 1〜3年選抜

昨5月27日槻沢小学校(開校131年)の運動会がありました。1年、3年の中孫くん、長孫くんが出場しました。あいにく兄弟は紅白に分かれましたがトップで走り抜け、チームに貢献しました。健闘に拍手!!!


Img_2944Img_2932

2006年5月24日 (水曜日)

続いて 芝生の根切り

一昨年息子と一緒に張った芝生がきれいに根付いています。孫たちがいつも飛び回って遊んでいるので、真ん中はすり切れています。4日ほど前のお天気の日に芝生の根切りをしました。根切り道具は昔からありましたので、後は自己流でばりばりと穴をあけながら根切りして行きました。半分ずつ二日かかりました。きれいに若芽が出ることを期待しています。

Dsc01737

2006年5月23日 (火曜日)

クロヒカゲ

窓ガラスに珍しい蝶が居るよとおババが教えてくれました。
早速撮影しました。最初は間違えてフラッシュをたいたので茶色に写っています。もう一度取り直したのが二枚目です。羽をなかなか開かないので表面の模様は分かりませんでした。
名前はchochoensisさんのBlogで調べました。

Dsc01727Dsc01729

2006年5月22日 (月曜日)

こんなに大きくなりました

5月10日頃孵化した金魚がこんなに大きくなりました。1センチはありますか。50匹くらいいますが全部元気に育っています。じいちゃん先生の卵の黄身のすり餌のおかげです。その後もう一度卵を生み、孵化しました。3日くらいで3ミリくらいで11匹ですが一緒に元気に泳いでいます。

Img_2638Img_2695Img_2699Img_2704

りんどう湖へ遠足

昨日は小孫くん3才の初めての遠足でした。那須岳の近くのりんどう湖ファミリー牧場までバスで行きました。
また長孫くん、中孫くんも日曜日とあり一家で出かけました。私たちはお留守番をしました。

Dsc01374

2006年5月20日 (土曜日)

麦畑と田植えとモッコーバラ

田植えも終盤を迎えています。手前は麦畑です。遠くの山々も雪が消えました。
垣根のモッコーバラも黄と白できれいに咲いています。

2006年5月18日 (木曜日)

芝生張り、450枚完了

5月16日、約3週間かかって土手の芝生張りを終了しました。実質的には10日間となるでしょうか。
当地に転居して丸4年となりますが、夏になると土手(のり面)は草ぼうぼうとなり草取りに追われます。斜面なのでかなりきついです。昨年思いあまって庭の芝生の移植や節約して所々購入した芝生を植えました。しかし梅雨や雨のため土が流れ植えた芝生を被いました。
そして腐って行くのです。
今回全面的に芝生を植えることにしました。計450枚を2日前に張り終わりました。
しんどかったですがきれいに張れて満足しています。しかしうまく定着するか、また土をかぶるか心配ですがその時はその時です。芝生を支えるための割り箸を1000膳使いました。仕上げを見てください。

Img_1660Dsc01655Dsc01652

コオニヤンマとミスジチョウ

もうトンボがいた。もみじの若葉に止まって何か昆虫を食べていた。孫の昆虫図鑑で調べたがコオニヤンマではないかと思う。少し小振りだ。これもお母さん(孫の)が発見した。
もう一つは珍しくはないがミスジチョウを撮った。

Img_2694_1Dsc01699

2006年5月16日 (火曜日)

ナナフシの幼虫発見

ここ2、3年ナナフシの成虫が庭におり、孫たちが捕まえていました。今年は早々と幼虫が見つかりました。私自身は昆虫やヘビなどはあまり好きではなくて写真の撮影専門ですが、見つけるのはお母さんとおババに任せています。
2、3日前からワレモコウの葉っぱに5、6匹いたそうで、その写真を今日は撮りました。見てください。
(プロフィールの写真はコデマリ)

Dsc01647_3
Dsc01648
Dsc01649

2006年5月15日 (月曜日)

栃木へおいでよ。空は広いよ!

昨日朝9時30分、二人で久しぶりの雨上がりの散歩。風は強かったが空がきれいだった。
広角でないので、視野は狭いが360度広い空が広がる。気持ちがいい。栃木は空が広い、ここが好きだ。
私は空と杉の20メートルも上まで伸びた藤を撮る。おババは大きくなって葉に成長した「こごみ」を採取。シダ科の植物で芽が10センチ位までのものはオシタシで食べられる。旬は過ぎたがスーパーで売っている。美味しい。
葉が薄緑できれいなのでおババは庭に植えるつもりらしい。大きく成長したものはこごみと云わないかもしれない。調べておきます。写真を撮るのを忘れた。おババ怒る。この次。では空だけとする。
(プロフィールの写真はオオデマリ)

Dsc01595Dsc01597Dsc01600

2006年5月13日 (土曜日)

自生の藤

家の前の森に自生の藤が咲いています。栽培された藤とは美しさが違いますが、自然の藤の美しさもまた格別です。

Img_2645Img_2643Img_2642

ザリガニと金魚の子ども達

ザリガニは孵化してから3週間が経ちました。「じいちゃん先生」に教えて頂いた「卵の黄身の練り餌」により共食いがなくなり、2センチまで大きくなりました。なぜ「卵の黄身の練り餌」が効くのか不思議です。
金魚の子ども達は5日目です。ミジンコの冷凍餌で全部元気に泳ぎ回っています。

Img_2660Img_2652

2006年5月10日 (水曜日)

今度は 金魚の卵が孵化した

金魚の卵が孵化した。これは我が家のトピックスだ。2年前中孫君(現在小1)の幼稚園の夏祭りで、金魚すくいですくった金魚だ。3センチほどの6匹の金魚が、今や大きいので15センチにもなり、7日の日曜日にはその6匹が追っかけっこをしていた。おババはそれを見て「おじいさん早くホテイアオイを買っておいで」と云った。早速ホームセンターでホテイアオイと藻と水槽とポンプと小石と冷凍のミジンコを買って来た。おババは気が早い。
一晩金魚の水槽にホテイアオイを入れておいたところ、案の定おババが云う通り、卵がついており新しい水槽に移す。
初めてであり孵化は無理だろうと皆は考えていたが、おババは熱心に大きな虫眼鏡で水槽を覗き込んでいた。
丸3日である。今朝「おじいさん変な虫がガラスにくっついているよ」とよく見れば5ミリくらいで目があり、30ばかりいた。「あ、生まれたんだ」と二人は叫んだ。こんなに早く孵るものなのか、分からなかったのでザリガニと同じく感動の渦。?。
果たして育つかどうか、だめかも分からないが冷凍のミジンコを溶かして少し入れてやる。早速インターネットで調べたが1週間もすれば生きたミジンコがいるらしい。慌てても仕方がない、まあ様子を見るか。


Img_2632_1Img_2634Img_2636

再び クロアゲハの羽化

昨日お知らせしたクロアゲハの羽化に続き、本日同じすだちの10センチ隣の枝から別のクロアゲハが羽化していた。又その瞬間を逃がす。このさなぎは目端の効くおババでも見逃がしていた。葉っぱの向こう側に隠れていたのだ。このクロアゲハはおかあさんが見つけてくれた。どうも明け方の5時から6時頃羽化するようだ。同じようにまた♀ではないかと思う。

Dsc01539

Dsc01559

2006年5月 9日 (火曜日)

クロアゲハ スダチ 巣立ち

昨日午前中スダチの木にあったクロアゲハのさなぎが羽化しました。その瞬間は残念ながら撮影出来ませんでしたが美しい羽を閉じて、旅立ちの時をじっと待っていました。1時間後大きく羽を広げました。まだ完全に開き切っていないですね。夏型の♀のようですね。羽を広げた1枚を撮った瞬間に、又戻って来るよ、と言い残して高く舞い上がり、向かえの森に姿を消しました。もう一つ黒い色のさなぎがあるので楽しみだ。このように忙しいのでなかなか土手の芝生が完成しません。Dsc01480
Dsc01484
Dsc01491
Dsc01496

2006年5月 8日 (月曜日)

ザリガニの脱皮

前回報告の雌のザリガニが孵化後の脱皮を今日8日目にしました。狭いところに入れたので左のはさみがうまく抜けずに切れてしまいました。雄と一緒の姿になりました。雄は写真は撮るなと抗議しています。

Dsc01505_1Dsc01511_1

2006年5月 6日 (土曜日)

ザリガニの卵が孵化しました

4月17日お父さんがザリガニの水槽を掃除していて、抱卵を確認。24日頃から孵化を始めた。孫たちは大喜びで長孫君は観察を始めた。今月1日ころ2週間と少しで300個位の卵を孵した。見ていても雌は大変のようであった。孵化して1週間もすると共食いを始める。
なお、問題のタガメであるが今回は越冬出来なかった。残念であったがお父さんが標本にして残してくれた。
その代わりとして公園で捕って来た2匹のザリガニを飼うこととなり、今回の成果となった。
左「フォトアルバム」に経過を掲載しました。孫たちが撮った写真も入っている。
長孫は将来ぶんぶくさんに弟子入りさせたいとおジジは考えている。
Img_2377
Img_2552
Img_2459
Img_2484

2006年5月 4日 (木曜日)

雄きじ 発見 No.3

昨日午前中の散歩はあまりにぽかぽか陽気であったので二人で5キロくらい歩いてしまった。
最後のところで2羽の雄きじと出くわした。30メーロルくらいあったが雄同士の縄張り争いをしていた。残念ながら望遠がなかったので最大テレ端で撮ってみた。又道ばたにタケノコが生えており、他人様のもので写真だけにした。
Dsc01371
Dsc01411
Dsc01426
Dsc01428
Dsc01429

2006年5月 3日 (水曜日)

雄きじ 発見

やっぱりいた! 家の近くまで来ると、この前雌のいた牧場と道の境の草むらに。買い物の帰りなので車を急いで家に置き、まだいるかなと心配しながらそっと牧場の奥を覗き込む、いたいたが少し遠い、コンパクトデジカメに1、7倍の望遠を付けて撮る。距離があるのでこの辺でご勘弁を。こちらへ向かって歩いており、もっと大きくと思ったが、見つかり牧場の真ん中の草むらへ飛んで行った。瞬間雌も出て来て雄の方へ飛んだ。又撮れるだろう。
(今朝の那須岳、窓から)

Img_2583_1Img_2596_1
Img_2598_1

2006年5月 1日 (月曜日)

芝生張りと畑作りと牛糞堆肥

那須岳山頂付近の雪もなくなりました。
桜前線は青森に到着したようです。旭川の皆さんもう少しお待ち下さい。
こちらは桜も過ぎると俄然忙しくなります。私だけですが?。
去年の土手の芝生張りは横着と節約と太陽を当てにして、所々に張り付けただけだったので失敗しました。斜面は難しいですね。
今年は全面に隙間なく張ることとし、南面と東面の一部が出来ました。割り箸(2本)550膳使いました。(代用品です)
(画面の構成がよくありませんが見てください。)

Dsc00139Dsc00140Dsc00141

畑の方は冬越の玉ねぎとえんどうが少しのびたのとブロッコリーとキャベツとねぎとを少し植え、2月末に植えたじゃがいもが芽を出し、畑もすこし緑をまして来ました。

Dsc01274Dsc01309孫の友達の家族でやっている酪農家の家から、牛糞堆肥とわらを軽4輪山盛りにたくさん貰いました。
明日からまた楽しく、忙しくなります。Dsc01287Dsc01288Dsc01291

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »