« 雄きじ 発見 No.3 | トップページ | ザリガニの脱皮 »

2006年5月 6日 (土曜日)

ザリガニの卵が孵化しました

4月17日お父さんがザリガニの水槽を掃除していて、抱卵を確認。24日頃から孵化を始めた。孫たちは大喜びで長孫君は観察を始めた。今月1日ころ2週間と少しで300個位の卵を孵した。見ていても雌は大変のようであった。孵化して1週間もすると共食いを始める。
なお、問題のタガメであるが今回は越冬出来なかった。残念であったがお父さんが標本にして残してくれた。
その代わりとして公園で捕って来た2匹のザリガニを飼うこととなり、今回の成果となった。
左「フォトアルバム」に経過を掲載しました。孫たちが撮った写真も入っている。
長孫は将来ぶんぶくさんに弟子入りさせたいとおジジは考えている。
Img_2377
Img_2552
Img_2459
Img_2484

« 雄きじ 発見 No.3 | トップページ | ザリガニの脱皮 »

生き物」カテゴリの記事

コメント

じいちゃん先生 今日は!
すごい共食いが始まっています。
それでは早速卵をゆでてすりつぶして与えてみます。
結果報告します。

ザリガニの孵化おめでとう。餌は何を上げていますか。じいちゃんは昔、卵をゆでその黄身をつぶして与えていました。共食いがなくなりいいですよ?

孫達となかなかいいですね?いつまでも、お元気で・・・

ザリガニの孵化 懐かしいです 洋が小学生の頃にやりました 共食いの激しさにはびっくりしたことを覚えています 孫さんたちには良い体験になると思います  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雄きじ 発見 No.3 | トップページ | ザリガニの脱皮 »