« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月30日 (日曜日)

ただ今 白とピンクの風ランが咲いています

今日は当地西那須野も快晴となり、30度以上の暑さとなりました。後2、3日で梅雨明けとなるでしょう。8月に入っての梅雨明けは経験ありませんね。
白の風ランは20年以上、ピンクはこちらへ来てからですから丸4年です。毎年咲いてくれます。
(「私のホームページ」も見てください。「7月の花」など。)

Dsc03447
Dsc03448Dsc03451
Dsc03455

2006年7月27日 (木曜日)

おババさんのクロアゲハ

私が買い物に行っている間に私のカメラを持ち出してクロアゲハを撮りました。
クロアゲハがまたスダチに産卵に来て、近くのヒメヒオウギスイセンの蜜を吸っている所を撮ったそうです。上手に撮れています。
クロアゲハは長いことおババさんの周りを離れがたく飛んでいたそうです。

Dsc03357_2Dsc03358Dsc03361

2006年7月26日 (水曜日)

ザリガニ 最終回

4月に生まれた300匹のザリガニの赤ちゃんは友達に貰われたり、共食いしたりして、現在は1匹となりました。5センチくらいになりましたので、そろそろお嫁さんでもと考えております。
小学3年生が夏休みの研究課題になっていますので写真の整理をしてやりました。
これでザリガニの私の管理も終わります。

Img_2332Img_2385Img_2470Img_2379Img_2364Dsc02965

2006年7月24日 (月曜日)

シュレーゲルアオガエル

前述のきれいなカエルは「シュレーゲルアオガエル」でした。目が黄色が特徴だそうです。教えて頂いた先生はわたしのBlogでお馴染みの「ぽんぽこさん」と「日本全国生き物情報ステーションのぶんぶくさん」です。こちらのBlogも見てください。生き物生き生きステーションです。
シュレーゲルとは分類したオランダ人の名前だそうです。

Dsc03319

土手の芝生刈ときれいなカエル

440枚土手に植えた芝生がほぼ順調に根付いたが、この長雨と暑さで草と一緒に伸び放題。梅雨の晴れ間の1仕事と思ったが暑さのために汗だくだくでグロッキー、午前中で止める。3分の1ずつやっても、もう始めの所が伸びてくる。この夏、暇なし?。
道路を隔てた木にきれいなカエルが休んでいた。アマガエルにしては大きいし、モリアオガエルのようにきれいで、緑色をしていた。名前が分からないので問い合わせ中。おババが発見。それがこれ。

Dsc03306Dsc03314Dsc03315Dsc03317Dsc03322

2006年7月22日 (土曜日)

「ヒメクロオトシブミ」だった

前回の虫の写真(少し焦点が合っていない)はゾウムシでなくて「ヒメクロオトシブミ」だった。専門家に教えて頂いた。
塩原の沼で指導員に説明されたのがこれだったのかと再確認出来た。
4月末から5月にかけて雌が葉っぱを丸めて卵を産むらしい。雄は見ているだけらしい。どこの世界も一緒か。
種類によっては切り落とす奴もいるらしい。
だから「おとしぶみ』と名がついた。たった4ミリくらいだ。
孫の写真代行屋が昆虫や小さな生き物に夢中になり始めている。
雨の中クロアゲハの幼虫たちが心配だ。

2006年7月20日 (木曜日)

アカハナカミキリとゾウムシか?

こんな虫がいました。
カミキリムシみたいな茶色はアカハナカミキリです。蝶 ・チョウ・ゆっくり歩き先生に教えて頂きました。
先生の7/20Blogの巻頭に載っていました。びっくりした。うれしかった。また昆虫の名前を1つ覚えた。
もう一つはゾウムシでしょうか。黄色カサブランカの花に居ました。よく調べてみます。

Dsc03010Dsc03006

クロアゲハの産卵と幼虫誕生

7/3に報告した、クロアゲハの幼虫は2、3日後に居なくなり、蛹の方は支えの糸が切れていて羽化出来ず、二つともだめでした。ここしばらく雨と風が強く、又鳥にでも食べられたのでしょうか。
その後7/7スダチの木を観察していたら、又クロアゲハがやって来て私の周りを飛び始めました。スダチに産卵にやって来たのですね。10個くらい卵を産んで行きました。3、4日後に孵化し(卵が空になっていた)、今日7/20小さい幼虫を見つけました。クロアゲハの幼虫と思いますが如何でしょうか。今度こそ大きく育って、羽化の瞬間を見たいものです。

Dsc02891Dsc02906Img_3145

金魚の赤ちゃん こんなに大きくなりました

我が金魚すくい雑魚軍団の赤ちゃんたちはこんなに大きくなりました。これで小学校の大きな池に離しても大丈夫でしょう。おジジの役目もこれにて終了。金魚特集を終わります。

Dsc03244Dsc03262

2006年7月19日 (水曜日)

収納棚を作りました

おババに頼まれていた、洗面台の下の収納棚を作りました。
収納箱はホームセンターで1個500円で買って来たものです。
化粧品など入れて、積んで使っていたのですが使いづらく、それの収納棚を作れと云うことです。
棚板は「百均」で700円で買って来ました。
水道管が出っぱっていますので奥行きがなくやりにくかった。
結果材料費700円工賃発泡酒1缶で4時間で完成しました。
おババも喜んでいます。

Dsc03219Dsc03218Dsc03220

2006年7月18日 (火曜日)

今日の収穫 きゅうり

Dsc03216

朝お母さん(まごの)が雨の中きゅうりを収穫した。
30本くらいあった。きゅうりは網さえうまく張ってやれば、どんどん成長するので楽だ。朝の野菜や夜のもろきゅう、酢の物、そしてお母さんの秘伝のぬかみそに漬ける。余ったきゅうりはおババ秘伝?の塩付け保存だ。冬中ずっと食べられる。

2006年7月17日 (月曜日)

黄色カサブランカ

今年も黄色カサブランカが見事に豪華に咲いています。
一昨年横浜の娘が球根を10個ほど送ってくれたものです。近所で評判になっています。
近所の人からつぼみのうちから分けて欲しいとせがまれて、2株貰われて行きました。
もうだめですよ。
(左の写真はハーブのチコリです)

Dsc03093Dsc03094Dsc03091Dsc03096

2006年7月16日 (日曜日)

黒羽町の紫陽花まつり

先日、芭蕉で有名な黒羽町の紫陽花まつりを見て来ました。毎年黒羽城址公園で開かれます。9日で終わりましたが今年はやはり日照不足で花の咲くのが遅れていました。
また黒羽町は芭蕉と曽良が一番長く滞在(14日間)したといわれる所で沢山の俳句がここで詠まれました。
 「かさねとは 八重撫子の 名成るべし」   曽良

「私のホームヘージ」スナップ写真見てください。
Dsc02617Dsc03033Dsc03035Dsc03041Dsc03050

2006年7月15日 (土曜日)

親友が逝く。倉知鉦治くんを悼む。

突然の悲報に胸がつまる。昨年5月みんな元気で会ったばかりだ。嘘だ。うそでないか。通夜に出席し案内板を見てもまだ信じられない、奥さんに会い話しを聞き、中の本人を見てようやく本当に亡くなったのか、と納得し実感した。奥さんの前で泣いた。
昭和28年高卒同期入社。8人のうちの一番まじめで、丈夫で、静かな人だった。若い時は北アルプスや南アルプスに挑んでいた。そんな風邪も引いたことのない人が、どうしてと思う。54年間の付き合いだった。
死因は腎臓癌ということであった。腎臓癌になる原因は医学界でもなかなか分からないらしい。
お酒も煙草も最後まで止めなかったという。血圧も高かったという。
亡くなった11日私は草取で小さな蜂に刺され痛かった。後で思うと虫の知らせと云うものか。
自宅は埼玉県久喜市であり、通夜、告別式に出席する。(7月14、15日)
日記として書き残す。
心から冥福を祈る。

木の葉が散るように。                                                平成18年7月15日

2006年7月 9日 (日曜日)

道の駅 「那須与一の郷」

隣の大田原市の道の駅 「那須与一の郷」は野菜の生産者直売店として開店2年を迎え、ますます繁盛している。
それは野菜が新鮮、安い、種類が豊富、売り場が広く買いやすい、売り場のおばさん?たちも元気で愛想が良い。
たけのこやうどなど季節の野菜も都度並ぶ。その他豆類、そば粉うどん粉、野菜の苗や花もの、らんや盆栽など。

私は別棟の種類の多いジェラードを買うが少し体重が気になる。年齢と同じ?×××。

あちこち私は見ているが「優」をあげる。午前中が狙い目だ。
場所は国際医療福祉大学を黒羽に向かってすぐだ。


Dsc02674Dsc02950Dsc02951Dsc02952_1

2006年7月 8日 (土曜日)

今朝の那須岳

梅雨の晴れ間の那須岳です。めずらしく風もなく那須岳の噴煙が真直ぐ上に伸びています。
ほとんど横になびくのですがこのように上に登るのは珍しいです。
これから夏場土日は那須街道は超渋滞となるでしょう。
しかし山頂からの眺めや山頂近くにある「北温泉」などまた格別のおもむきがあります。
自宅の窓からコンパクトデジカメの望遠にて。那須岳主峰茶臼岳1915メートル。我が家から直線距離で25キロメートルあります。隣のとんがりは朝日岳1896メートル。登山も盛んですね。何と云っても秋の紅葉でしょうか。

Img_3109Img_3111

2006年7月 3日 (月曜日)

庭 探検

庭探検だなんて、広くもないのに大げさに。おババたちが見つけてくれた今日の昆虫。
スダチの樹にはアゲハチョウの蛹とクロアゲハの幼虫がいました。葉っぱの色と同じ色ですね。だからもう1匹幼虫がいるのですが今日は見つかりませんでした。
ワレモコウの木には春生まれて3センチほどでしたが、今は10センチ近くになり5匹ほどいました。
アヤメには交尾しているカノコガ?がいました。
トンボも少しずつ増えていますね。

Dsc02797Dsc02798Dsc02821Dsc02821_2Dsc02799Dsc02800Dsc02827Dsc02803Dsc02806Dsc02804

楽しい「ブルーベリー狩り」

昨日は孫たちと「ブルーベリー狩り」に行きました。近くの大田原の国際医療福祉大学の裏手のある、広大なブルーベリー畑です。プラのバケツに半分くらいが1000円でブルーベリー畑の中を自由に収穫出来ます。
3孫は穫ったり、食べたり楽しんでいました。(私のホームページも見てください)

Dsc02793Dsc02775Dsc02782Dsc02787Dsc02796

2006年7月 1日 (土曜日)

その後の「金魚の赤ちゃん」

キーボードが動かなくなり、買い替えに時間がかかりご無沙汰しました。
金魚の赤ちゃんは大きくなりました。5月10日8ミリくらいだったのが、約2ヶ月経ち一番大きいのが4センチにもなり色もきれいについて来ました。90%は元気に育っており、2鉢に分け80匹くらい居ます。もうじき小学校にも貰われて行きます。えさは冷凍のミジンコで充分育ちました。
金魚の係はおジジです。
(「私のホームページ」は我が家の庭に咲く「6月の花」をお送りしています。)

Img_2627Dsc02729Dsc02730Dsc02734

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »