« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木曜日)

新しい仲間 ツクツクボウシ

庭のモクレンの木にツクツクボウシが止まって鳴いていました。夕方になるとヒグラシとツクツクボウシの大合唱が始まります。秋を感じさせます。

Dsc04899

2006年8月30日 (水曜日)

ウチワヤンマが撮れた

これも昨日、暑い中近くの池に鳥を探しに行った。やはり鳥も夏休みだ。色々調べたが鳥さんたちは7、8、9月はほとんどが夏休みらしい、10月から探鳥といこう。探鳥会にも入ろう。ということで仕方ないので岸辺のトンボを撮っていた。
その中で写真のような尾っぽの近くを扇のようにひらひらさせているオニヤンマを見つけ写真を撮った。
それがこれだ。帰って調べたら。「ウチワヤンマ」という。(サナエトンボ科でオニヤンマ科ではないという。学問的なことは分からない。)水深のある泥池の池沼にわずかに生息しているという。これも今では珍しいトンボといえる。長生きしてくださいね。望遠にて。

Dsc04697Dsc04696Dsc04695

ミヤマアカネが飛んで来た

昨日、おババさんが珍しいので網で捕まえたといって持って来た。
羽の端近くの茶色の模様の上に黄色の帯があった。孫の図鑑で調べたら、あった。「ミヤマアカネ」といった。小型の美しい赤とんぼだった。田んぼの近くの水路に生息するが、近年は水路のコンクリート化が進み減少が著しいということである。よく来てくれた。体長35ミリほど。元気に飛んで行け!

Dsc04873

2006年8月27日 (日曜日)

コクワガタもやって来た

コクワガタもやって来た。8月27日日曜日、今日は小学校の夏休みの最終日。中まご1年生の自由研究課題「むしのけんきゅう」の最終日。前日に論文はすでに完成し作成し終わっていたが、そこへこの日の朝、コクワガタ君(3.5センチ)がトラップにやって来た。中まごの論文の巻末を飾ろうとコクワガタがお祝いにやって来てくれたのだ。おババさんもみんなも驚喜す。中まごは早速書き加える。
有り難う、コクワガタ君!

Dsc04757

Dsc04867_1

2006年8月26日 (土曜日)

未だ 羽化せず

Dsc04613_1


Dsc04752

クロアゲハの蛹
上が8日目で、下が今朝6時14日目です。12、3日で羽化すると聞いていましたので、少し心配です。
色は少し変わっていますが、あまり変化はないようです。
もう少し見守ってやります。
孫たちは28日月曜日から学校が始まります。宿題、自由研究の整理で一生懸命です。昆虫、ざりがになどのファーブルじいさんのしゃしんが参考になるようです。沢山撮っておいて役に立って良かったです。

2006年8月21日 (月曜日)

ちょっと、一休み

残暑お見舞い申し上げます。
8月中旬となり、暑さが戻りようやく朝顔が咲き始めました。

Dsc04557Dsc04560Dsc04564Dsc04604Dsc04653

2006年8月20日 (日曜日)

クロアゲハの蛹化

一度クロアゲハの羽化が見たいと考えていた。1メートルくらいのスダチの木に今年は沢山のクロアゲハの幼虫が生まれ、終齢幼虫までには成長しますが蛹にならず、どこかへ行ってしまいます。始めは蟻か鳥にでも食べられてしまうのだと考えていました、その間も沢山の終齢幼虫になって行きました。これは変だと考えchochoensisさんに相談しました。その答えはより良い蛹になる環境を求めて歩き回るのだ。一度木から離れたら蛹を見つけるのは困難だ。それでスダチの木を寒冷紗で囲って下を縛っておいたら寒冷紗の中で蛹になる。と教えて頂きました。
今スダチは実がなっており、おババさんがだめだというので、chochoensisのご指示に反しましたが、以前カブトムシを入れていた60型の金魚の水槽が空いていたので、上蓋を寒冷紗で作り2匹の終齢幼虫を8月12日に入れてやりました。翌日13日には早蛹化を始めました。8日目をむかえました。まだ少し時間がかかると思います。
羽化の瞬間が見れますかどうか?
Dsc04257Dsc04259Dsc04322Dsc04323Dsc04613Dsc04615Dsc04552

2006年8月17日 (木曜日)

横浜組 今日帰る

那須塩原駅の東北新幹線で横浜組は今日帰った。また会う日まで!

Dsc04531


Dsc04532

那須に全員集合!

8月14日横浜の長女一家も集まり、私たち2名、長女長男夫婦4名、長孫高2小孫3才以下孫5名(全部男)計11名全員集合し、夜は庭でバーベキューで再会を喜び合いました。
北海道の毛ガニ、ホタテを美味しくいただきました。
翌15日は全員で那須岳(茶臼岳1915メートル)にロープウエイで登りました。
みんな元気なのが何よりでした。

Dsc04340Dsc04361_1Dsc04354

2006年8月13日 (日曜日)

アオサギとシラサギ

色々浮気をして申し訳ありません。今日はいつもの沼でアオサギとシラサギの共同コロニーを見つけました。
8月も中頃となり、子育てに懸命の様子がうかがえました。アオサギとシラサギは仲良くしていました。こんなことってあるのですね。アオサギの子どもたちも大きくなっています。日陰に隠れていますが一人前に鋭いまなざしですね。一番奥の暗くなっているところです。
望遠で撮りました。


Dsc03893Dsc03915_2Dsc03916Dsc03918Dsc03920Dsc03925Dsc03955

2006年8月12日 (土曜日)

久しぶりに海を見ました

息子が計画してくれた2泊3日の夏休みの旅行に、いわきの大型リゾート施設に孫たちと一緒に連れて行ってくれました。昨日帰りました。私たちは撮影班となり、孫たちの写真を沢山撮りました。
帰りには小名浜の市場で毛ガニを買って帰りました。お盆にみんなが集まった時に食べる予定です。
楽しい旅行でした。

Dsc04112

2006年8月 7日 (月曜日)

オオムラサキもやって来た

昨日カブトムシのトラップに、オオムラサキが入っていた。まさかと思ったが雌のオオムラサキであった。
さすが国蝶に指定されるだけあって、堂々として、風格があった。
数刻後、孫たちに惜しまれて、大空へ元気よく、舞い上がって行った。

Dsc03679Dsc03704

2006年8月 4日 (金曜日)

カブトムシの雌も入っていた!

昨日に続いて今朝8時頃。お父さんが仕掛けを見に行ったら、今度は同じ大きさの5センチくらいの雌が入っていた。孫達は喜んだ! その写真。
ファーブルじいさんは忙しい。

Dsc03584_1Dsc03597

2006年8月 3日 (木曜日)

カブトムシを捕まえた

今少し前15時30分頃、カブトムシを捕まえた。カブトムシとしては中型だ。
4、5日前に仕掛けておいた。仕掛けはおババさんが考案した。ごく一般的な方法だ。ご覧の通りだ。
大きいペットボトルに下から8センチくらいの所を四角に切り取る。ガムテープでその入り口を保護しておく。栓はしておいた方がよい。
中身はバナナと紹興酒だ。バナナを噛み砕いて、紹興酒をドロドロくらいに混ぜて、中へ入れておくだけだ。
クヌギの木が庭にはないので、カエデにくくり着けておいた。去年はバナナと紹興酒をストッキングに包んで木に縛り着けたがだめだった。
おババさんはよくやるね!!! 3孫たちも大喜び!    夏休みだから子ども達やってみるといいね。

Dsc03579Dsc03580Dsc03583Dsc03584

2006年8月 2日 (水曜日)

ファーブルじいさんやってます

おこがましい話しですが、この夏ファーブルじいさんやってます。
今庭には沢山の昆虫がいます。スダチの木にはクロアゲハの幼虫が10匹います。
早く蛹になり、羽化を見たいものです。自然のままにしています。
今日はこの3種類。
クロアゲハの幼虫、カメムシの1種、オオアオイトトンボ。
(その他昆虫は「私のホームページ」をご覧下さい)

Dsc03516Dsc03522Dsc03542

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »