«  絵手紙 「朝顔」 | トップページ | おババさんの絵手紙 「ゴーヤ」 »

2006年9月12日 (火曜日)

再び クロアゲハの幼虫

再びというか今年最後のクロアゲハの報告となると思います。
第一スダチの木からは今年は数10匹(50匹以上)の幼虫が終齢幼虫となり、蛹になるためのより良い環境を求めて、大脱走?ではなく、巣だって行った。おババさんは私の心を知らぬげに「自然が一番いいのよ」と知らぬ顔。
さて、第二のスダチの木であるが今年はクロアゲハが近寄らず、卵も産みつけられなかった。
8月初め、あまりに伸びすぎ少し込んでいたので剪定をした。8月末には若芽も出で、きれいな木になった。
ところがそのスダチに卵が産みつけられ、幼虫に育っていたのだ! 15匹はいる。クロアゲハはよく知っていたのだ。
そして終齢幼虫になった昨日の写真である。また大脱走をして蛹となり、越冬することとなるのであろう。
おババさんのいう通り自然のままにしておく。クロアゲハさんよ、今年は沢山観察させてくれて有り難う!冬は寒いから気をつけてね。(雨の中昨日の写真には何匹見えますか、8匹居ますね)
『追記』
二枚目の写真の右側の白の三角形が幼虫ですがもっとズームにしなければ分かりませんね。
申し訳ありませんでした。

Dsc05283_1


Dsc05284_1


Dsc05285_1

«  絵手紙 「朝顔」 | トップページ | おババさんの絵手紙 「ゴーヤ」 »

クロアゲハ」カテゴリの記事

コメント

我が家は 金柑の木にアゲハが産卵し いつの間にか芋虫になり どこかへ姿を消してしまいますが 何十匹とかではあません 数える程度ですが・・ 来年はもっと観察します

junさん いつも有り難う。
二枚目の写真の右側の白い小さな三角形、これがそうです。しかしもっとズームにしなければ分かりませんね。
申し訳ありませんでした。7匹で正解にしますね。
ことしは沢山の昆虫たちが来てくれました。西那須野はまだまだ沢山の里山があります。
住んで5年目ですがいいところです。

挫折…
7匹までは見つけられたのですが。

そのうち恩返しに沢山のクロアゲハが
舞い戻って来るかも知れませんよ。

それにしてもtanikeiさんはとても良い所に
住んでらっしゃるんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

«  絵手紙 「朝顔」 | トップページ | おババさんの絵手紙 「ゴーヤ」 »