« おババさんの「絵手紙」 クロアゲハの蛹 | トップページ |  絵手紙 「朝顔」 »

2006年9月 8日 (金曜日)

「イカルチドリ」がいた!

あまり材料がないので、またこの前「ウチワヤンマ」がいた池に行ってみた。
あまりきれいな池ではないが中州に何か動くものがいる。双眼鏡で確かめる。
やはり鳥だ。5羽いる。始めは雀だと思った。よく見るとくちばしが少し長く脚はきいろだ。
写真を望遠で撮って家に帰り、名前を調べた。「イカルチドリ」の若鳥のようだ。
調べて行くうちにこの鳥は山口県の「レッドデーターブックやまぐち」の準絶滅危惧に登録されている鳥だった。
存続基盤が脆弱な種で、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」として、上位ランクに移行する要素を有するものとして山口県では登録されている鳥だそうです。山口県のような独自の登録の仕方があるのをはじめて知り、感心するとともに、そのご努力に敬意を表したい。
珍しくはないが貴重な鳥だということです。
                                                          (右の写真はおババさん撮影の1輪咲いていたサギソウ)

Dsc05155_2


Dsc05156


Dsc05191

« おババさんの「絵手紙」 クロアゲハの蛹 | トップページ |  絵手紙 「朝顔」 »

鳥たち」カテゴリの記事

コメント

望遠とは思えない ピンとぴったりですね 名古屋には池たか湖とか水辺が少なく 水辺の鳥も種類が少ないような気がします 貴重な画像ですね 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おババさんの「絵手紙」 クロアゲハの蛹 | トップページ |  絵手紙 「朝顔」 »