« 今日の花たち | トップページ | 満作とツグミ »

2007年3月 8日 (木曜日)

春の小川

いつもの小川です。魚がいるのが分かりますか。大小いっぱいいるのですが、ちょっと見にくいですね。
ハエやヤマメでしょうか。子どものころを思い出しました。小学生唱歌「春の小川」。

1942年版の国民学校になった時に改訂された「春の小川」、私小学2年生。

春の小川は、 さらさら行くよ、
岸のすみれや、 れんげの花に、
すがたやさしく、 色うつくしく、
咲いていゐるねと、 ささやきながら。

1930年ころまでに生まれた世代の歌詞。

春の小川はさらさら流る
岸のすみれやれんげの花に
にほひめでたく、 色うつくしく
咲けよ咲けよと、 ささやく如く

戦後の「春の小川」の歌詞はまた改訂されているようです。どの歌詞も時代を背景とした良い歌詞ですね。
「春の小川」の歌詞は「ウィキペディア フリー百科事典より」


Dsc01996_1


Dsc01998


Dsc01999

« 今日の花たち | トップページ | 満作とツグミ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

宣ちゃん 今晩は。
ゴルフ午後から残念でしたね。突然の雪とは驚きますね。
二輪草はうちでもまだ葉芽だけです。これからですね。
イワヤツデ、もう少しですね。

昨日は 岐阜県瑞浪の方へゴルフに出掛けましたが 午後は雪でした 時ならぬ(いつもなら 当たり前かもしれませんね)気候の変化に 午後はキャンセルしました 暖かさに慣れきっていますが 時にはピリッとすることも 良いですね ニリンソウは 葉芽はたくさん出ましたが花芽は まだです・・・

じいちゃん先生 有り難う。
いつもの小川のことを書いていたら、こういう結果になってしまいました。
年ですかねえ。
元気で頑張りましょう!

春の小川の歌詞珍しく拝見しました。懐かしいですね。
改定後の歌詞を歌いました。色々変遷したのですね。
時代や言葉遣いがわかります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の花たち | トップページ | 満作とツグミ »