« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月30日 (水曜日)

エゾハルゼミ 神秘のイナバウアー

5/26塩原温泉ビジターセンターの自然観察会「エゾハルゼミ」に参加して来ました。
18時からセンターでエゾハルゼミの生態の説明の後、現場に向かいました。

駐車場に隣接する林ではすでにエゾハルゼミの羽化が始まっていました。
静かな暗闇の森で営まれるエゾハルゼミの羽化はまさに「神秘のイナバウアー」でした。

暗闇の中エゾハルゼミを求めて、あちらこちらへと神秘の森をさまよい歩きました。
得られぬすばらしい体験をしました。


Dsc04584
ここらへんでいいかな


Dsc04604_2
さあ始めるぞ


Dsc04573_2_1
神秘的なイナバウアー


Dsc04594_1
どうです きれいでしょう

Dsc02268_2
元気で鳴いています(これのみ06.06.17沼原湿原にて撮影)

2007年5月27日 (日曜日)

アカゲラ をゲット!!

 23日のアカゲラの巣の前で1時間半頑張る。ようやく番が
帰って来た。実は写程距離30mでは近過ぎたのだ。巣の近く
へ歩いて寄ってみた所、ギーギーと近くにいた親に威嚇され
た。見られていたのだ。

20m下がり写程距離50mにして気配を消した所、直ちに来
た。下の画像だ。餌を嘴にいっぱい貯めていた。しばらく巣穴
の雛たちに餌が与えられず悪いことをした。でも初めてで嬉
しかった。
(いつものデジスコで撮る、距離があるので少しぼけ気味。)

Dsc04402_1


Dsc04409_2_1


Dsc04708_1
ヒナ(5/28撮影)

2007年5月24日 (木曜日)

湘南のバラたち

湘南の娘から「バラ」の画像が送られて来ましたのでご披露します。
以前専門誌に掲載されたこともあります。
見事なバラたちですね。一つ一つに名前がついているようです。
その他サイドにも掲載しておきます。

Photo_2
ポルカ


Photo_3
アンジェラ


Photo_4
つるサマースノー


Photo_5
ギスレインゴールド

2007年5月23日 (水曜日)

千本松牧場 キジ アカゲラ

元気です。
21日久しぶりに千本松牧場に行って来ました。駐車場で車か
ら降りたら、キジが迎えてくれました。近寄ってもしばらく動
かなかったので、始めは木の彫刻かと思った。

また近くの桜の木に巣があるらしく、アカゲラの番が交互に訪
れていました。アカゲラの初めての鳥見は成功しましたが、
残念ながら撮り逃がしました。
桜の木のアカゲラ見つけられますか。

次回はこの巣の前で頑張ります。ご期待を乞う。

「千本松牧場」の事は「検索」下さい。一家で楽しい行楽地です。
月曜日なので人出はあまりありませんでした。
写真をサイドに少し掲載しておきます。

Dsc04308_1
彫刻?のキジ


Dsc04323_1
アカゲラの巣を見つけた。


Dsc04324
アカゲラ分かりますか。

2007年5月17日 (木曜日)

モズのお母さんと子ども達

撮影は5/4。道路を隔てた隣の庭の垣根30m先に、子どもらしい鳥が止まっていました。
最後はモズの親子と分かりましたが、近くにいる親を盛んにさえずり、呼んでいました。
巣立ちしてすぐなのでしょうか。可愛いですね。

Dsc03781_1


Dsc03783


Dsc03779_1

2007年5月16日 (水曜日)

ウスバアゲハ  コミスジ  ヒメシジミ 

いつもの小川に久しぶりにデジカメを持って散歩しました。
鳥たちはほとんど見かけられず、蝶たちが2、3舞っていました。
三種撮影出来ました。名前は孫の昆虫図鑑で調べました。
間違っていたらご指摘下さい。

Dsc04098
ウスバシロチョウとも呼ばれていたそうですが、アゲハチョウの仲間だそうです。


Dsc04094
少し小型でコミスジのようです。

Dsc04120_1
判定は難しいですがヒメシジミと思われます。

2007年5月14日 (月曜日)

ハヤブサ

ハヤブサだと思いますが、カラスと争っていました。
カラスを撃退し、庭前の森の木に止まって羽を休ませていました。
「早く早くカメラカメラ」とおババさんのご注進。

さて、カメラはその日(土曜日)息子達に貸していた。
仕方なく古いデジカメを取り出して、フィールドスコープに手持ちで重ねて撮りました。
焦点が直ぐに動いてなかなかうまく合わせられずこんな1枚となりました。

近くで長くいてくれたので、いつものカメラがこんな時になくて残念でした。


Dsc02268_1

2007年5月13日 (日曜日)

モッコーバラ 黄 白 満開

昨年はうまく剪定出来たので、モッコーバラがきれいに咲いています。

Dsc02280 Dsc02281


Dsc02283_1 Dsc02284_1

2007年5月12日 (土曜日)

キジ  発見!

バードテーブルのヤマガラ、シジュウガラはもうほとんど来ません。

今年は1月に千本松牧場でキジを見つけたが、それ以降なかなか会えなかった。
自宅近辺では去年と同じ5月の昨日一度に30mほど離れて、牧草の中と栗林で雄を2羽見つけた。
縄張り争いの後か。

デジカメの15倍ズームで撮ったので、若干ぼけ気味だがまずまずか?
生き物の季節になって来た。
体も少しずつ調子が良くなって来たので少しずつ頑張るぞ!

Dsc03966_2


Dsc03973_1


Dsc03981_1


Dsc03982_1

2007年5月11日 (金曜日)

コデマリ オオデマリ

コデマリ、オオデマリも咲き揃っています。
剪定がうまくありませんが見てください。

Dsc03942
コデマリ


Dsc03917
コデマリ


Dsc03960_1
オオデマリ


Dsc03958_1
オオデマリ

金魚の赤ちゃん 生まれました!

今年も「金魚の赤ちゃん」生まれました。孵化から2日目です。
いよいよ今年も「生き物特集」が始まりそうです。
ゆっくりやらしてもらいます。

Dsc03946


Dsc03949_1

2007年5月10日 (木曜日)

セッコク

セッコクが咲きました。何十年も持ち歩いている、おババさんの大事なセッコクです。

盆皿はおババさんの自家製の焼きもので、有名な山の岩石の上に植え付けてあります。
茶色は水草です。

背景は道路を隔てた森です。
一週間前まで太陽が透けて見えた林も、今や新緑の森に移行しています。

Dsc03885


Dsc03890


Dsc03892_1


Dsc03899

2007年5月 8日 (火曜日)

ライラック紫

なぜか懐かしく昨年ホームセンターで1mばかりのライラックを買いました。

今年しっかりと花をつけてくれました。ライラックといえば55年前の初めての札幌新人研修の時の札幌大通りのライラックの並木を思い出します。

きれいに咲きましたね。大きな木に見えるでしょう。

(「五稜郭公園の桜」は「私のホームページ」にも掲載しました。)

Dsc03853_1


Dsc03839


Dsc03846


Dsc03842

2007年5月 6日 (日曜日)

「五稜郭公園の桜」 速報!!

我が友函館在住の「泉澤さん」から5月5日の「五稜郭公園の桜」の映像が送られて来ました。
本人のご了解を得て、速報として皆様にお知らせします。

桜はやうやく函館に上陸したようです。
私も五稜郭公園の桜は初めてで、構図の取り方も上手で、きれいな桜が居ながらにして拝見できることを幸せに思っています。

「泉澤さん」また函館の写真色々と送ってください。有り難うございました。

Img_1100_1

オダマキ

4年前におババさんの友人から頂いたオダマキの種子が見事に開花しています。

色々な形、色がありますが我が家のは黄色と赤と云うのでしょうか。静かに咲いています。

Dsc03829


Dsc03837_1


Dsc03831_1


Dsc03838

2007年5月 5日 (土曜日)

イカリソウ

春は花の季節です。向かえの森の薄緑も刻々色を変え、すばらしい景色を見せてくれます。
庭も徐々ににぎやかになって来ました。

3年前に東北道西那須野塩原インター下りるすぐの「千本松牧場」で購入したものです。
1㌢位の小さな花ですが、赤、白、黄色の3色あり可憐です。種類は沢山あるようです。
おババさんが大切に育てています。

また、市内のあちこちの田んぼでは2、3日前から田植えが始まっています。
しばらくすれば一面の緑の絨毯に変わります。

Dsc03749


Dsc03743


Dsc03728_1

2007年5月 3日 (木曜日)

山吹草

6年ぶりに「山吹草」が咲いてくれました。これもおババさんが神奈川城山から1株持って来た山野草です。こちらに来て初めて花をつけてくれました。

山吹に似ているからこの名前がついているそうです。花びらは山吹草が4枚、山吹は5枚だそうです。

Dsc03754_1


Dsc03760


Dsc03761

お断りしなければなりませんが、「鬼のかくらん」は精密検査の結果「肺炎」と診断されました。もう1月たち体は元気なのですが、少し安静に勤めます。
私が肺炎なっておかしいと思いますが早く分かって良かったと思います。
Blogはあまり遠征出来ず、身近な話題で、また飛び飛びとなりますが悪しからずご勘弁下さい。

21世紀のジジババ物語として何でもお伝えしたいと思って書いています。よろしくお願いします。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »