« 道の駅 「那須与一の郷」 | トップページ | アジア学園収穫祭 »

2007年10月 8日 (月曜日)

サクラとナナカマド

「那須与一の郷」の帰り、旧道で帰ったところ、農家の塀際に桜が咲いていた。

また西那須野に入り、もう時期だろうとナナカマドの並木に寄った。

いい色になっていた。

サクラとナナカマド。こんなこともあるのかな。

Dsc06744 Dsc06740 Dsc06741

Dsc06747 Dsc06749 Dsc06748_2

« 道の駅 「那須与一の郷」 | トップページ | アジア学園収穫祭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

泉澤さん お早うございます。
北海道の秋のナナカマド、すばらしいですね。
女房と旅行したときの情景を今でもはっきりとすばらしかったことをと覚えています。

間違いなく、季節はずれの「桜の花」が咲いていますね。何か複雑な気持ちになります。ナナカマドの赤い実は綺麗ですね。近くにナナカマドの木がたくさんあるのでしょうか。北海道では、ナナカマドの赤い実が、小鳥たちの冬の貴重な食料になるんですよ。那須与一と聞けば、「ロマン」を感じます。歴史と伝説の場所を訪ねるのも、楽しいですね。では、お休みなさい。

じいちゃん先生 今晩は。
桜にはご心配をかけています。その桜を確認しなかった私が悪いのですが、当地の今日の新聞には「10月桜」という他の桜の記事が出ていました。
10月桜と思って愛でてください。
来春の桜は大丈夫です!

宣洋さん 今晩は。
ナナカマドは西那須野でも珍しいですね。
桜の花、狂い咲きと云えば可哀想ですが、当地の今日の新聞に「10月の桜」ということで他の場所での桜が載っていました。この桜もそうだと幸せだと思います。

桜とナナカマド。珍しい組み合わせですね。
何かが狂ったのと違いますか??。
珍しいです・・・・。桜が満開とはネェ。
来春が心配です。ナナカマドは、いい色になりましたね。冬には、小鳥の餌ですね。
種を遠くまで運んでもらうのですね。うまく出来ています。

秋の桜の開花「狂い咲き」なんて言いたくありませんね 地球の悲鳴で無ければ良いんですが・・ナナカマド赤い実が鮮やかです 葉はやはり上から順に紅葉してくるのですね 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道の駅 「那須与一の郷」 | トップページ | アジア学園収穫祭 »