« 千本松牧場の鳥たち (続) | トップページ | シジュウガラとジョウビタキ »

2007年11月18日 (日曜日)

秋の「塔のへつり」紅葉と観光

紅葉真っ盛りの塩原温泉を通過、湯の香ラインを会津西街道に入る。ほぼ紅葉は終わり、唐松の黄葉がきれい。更に北上を続け、途中道の駅「田島」に寄り休憩。会津地鶏の焼き鳥を1本。本物の地鶏ですよと念を押す。

出発より1時間30分目的地「塔のへつり」に到着。方向的には我が家からは那須岳の後ろ方向。

Dsc07262_2


Dsc07256_2

福島県の景勝地、国指定の天然記念物。十の塔のようにそそり立つ、険しい岩肌。100万年の自然の造形。へつりとはそそり立つ、険しい岩肌、崖のこと(土地の方言)。または川の水ぎわの岩場を水平方向に移動すること。とも云うらしい。(別途マイフォトも見てください)

« 千本松牧場の鳥たち (続) | トップページ | シジュウガラとジョウビタキ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

のぶごんさん お早う。
「塔のへつり」は2、3日前にカッチャンがテレビに出ていたよというので行ってきた。すばらしいところだった。
こんなに近くにいいところがあった。
南会津に足を伸ばそう。

十の塔 自然の造形美は素晴らしいですね 人里離れたところにあるんでしょうね それぞれに云々があってまた面白いですね 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 千本松牧場の鳥たち (続) | トップページ | シジュウガラとジョウビタキ »