« 秋の沼原湿原(ぬまっぱらしつげん)) | トップページ | 秋の「塔のへつり」紅葉と観光 »

2007年11月10日 (土曜日)

千本松牧場の鳥たち (続)

9日も千本松牧場に行ってきました。

珍しくシメの群れが木の実を食べていました。
北海道から来たのでしょうか。
秋は沢山木の実があり、ヒヨドリも元気に飛び回っています。

ここは紅葉の時季でもあり、那須、塩原の中継地でいつも賑わっています。

私は奥の人のこない草原や林をぶらぶら三脚を担いで歩いています。

日本野鳥の会の鳥見のときは、30種類くらい見られるのですが、
一人のときはなかなか見つけられません。いつもと同じです。あしからず。


Dsc07531 Dsc07552_2 Dsc07558_2


Dsc07565_2 Dsc07567_2 Dsc07573_2


Dsc07578 Dsc07584_2 Dsc07597

« 秋の沼原湿原(ぬまっぱらしつげん)) | トップページ | 秋の「塔のへつり」紅葉と観光 »

鳥たち」カテゴリの記事

コメント

じいちゃん先生 今晩は。
初めはなんだかわかりませんでした。
帰って調べたらシメの集団でした。
こんなに沢山のシメを1度に見たのは初めてです。

のぶごんさん 今晩は。
こんなにたくさんのシメは初めてです。
はじめは名前がわかりませんでした。
また頑張ります。

シメの集団~珍しいです。こちらでは多くて5羽内外です。渡りの時期は群れを作るのですね。道内で越冬するシメもいますが冬はそちらに渡るのですね。

シメのいろいろな角度からの撮影 いずれもピントがしっかり合っていて楽しい写真です 今年は木の実が豊富なのか ヒヨドリはまだピラカンサに手をつけていません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の沼原湿原(ぬまっぱらしつげん)) | トップページ | 秋の「塔のへつり」紅葉と観光 »