« クロアゲハがやってきた | トップページ | シャクヤクとシラン »

2008年5月29日 (木曜日)

シラーベルビアナ

庭の草取りの続きをやっていましたら、後ろの草の中にこんなきれいな花が2輪咲いていました。

おババさんの云うのにはお母さんが里から移植したものということでした。球根らしいです。

お母さんが留守なので、早速「のぶごん先生」にお聞きしたら「シラーベルビアナ」と云う難しい名前の花でした。「青い花火」と別名があるようです。なるほど。

また「シラー・ペルビアナ」と云う呼び方もあるようで、いろいろ種類もあるらしい。乾燥した地面に適しているようです。

あまり難しい名前なので「調〜べるピアーノ」?と覚えました。30点満点ですか。


Img_1244


Img_1259


Img_1250


Img_1251

« クロアゲハがやってきた | トップページ | シャクヤクとシラン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花たち」カテゴリの記事

コメント

自分で云うのもなんですが、写真の方が写りが良いようです。
来年以降が楽しみです。

じいちゃん先生 今晩は。
家にこんな花があることを知りませんでした。
女性軍一生懸命やってくれます。
うまく語呂合わせ出来ましたかね?

青い花火とは良く名付けたものですね 株が大きくなると もっと素晴らしいものになることでしょうから 楽しみですね

紫できれいな花ですね。
横文字の名前は1~2度聞いても覚えられませんが、うまく語呂あわせをしましたね。これなら忘れませんね。サスガ・・・・・(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クロアゲハがやってきた | トップページ | シャクヤクとシラン »