« 健康診断とメスグロヒョウモンの雌 | トップページ | ヒマワリ 2題 »

2008年7月 2日 (水曜日)

クロアゲハの幼虫は蛹になった

クロアゲハの終齢幼虫は緑色の蛹から完全な蛹となった。4枚の画像のうち2枚目が抜けてしまった。
とり忘れた。あしからず。

入れてやった木の色と同じ色の蛹となった。なるほど、なるほど。

(追伸)右サイドの画像は蛹になる前金魚鉢のガラスの入れ物の中を糸を出しながら登り、蛹になる木を探しているところ。そして↓の画像となる。

Img_2669


Img_2692_2


Img_2689_2

« 健康診断とメスグロヒョウモンの雌 | トップページ | ヒマワリ 2題 »

」カテゴリの記事

コメント

のぶごんさん 今日は。
アゲハは10日くらいではないでしょうか。

クロアゲハの蛹 しっかりしていますね 我が家のアゲハの蛹8つ なかなか蝶になりません
キンカンの枝にも付いているんです・・楽しみです

じいちゃん先生 お早うございます。いつも有り難う。
順調に蛹になりました。よかった。
とまった木の色とよく似るそうです。おそわれないように保護色となるのでしょうか。

ぽんぽこさん いつも有り難うございます。
クロちゃん おババさん一生懸命。
もう働くのですか、わくちゃん大丈夫?
まだ1年4ヶ月、気をつけてね。

クロアゲハの幼虫は可愛い顔をしていますね。
蛹も樹の色と同じになって・・・黒い樹では黒くなるのでしょうか??
幼虫も蛹もはじめてみました。
どうもありがとうございます。

わあ、すごい、順調ですね。羽化が楽しみです。
健康診断おつかれさまでした。
今月から働くことになりました。忙しくなりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 健康診断とメスグロヒョウモンの雌 | トップページ | ヒマワリ 2題 »