« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月曜日)

「そすいの郷」新米まつり その2

今日は「そすいの郷」の新米まつりだ。先着500名にコシヒカリの新米おにぎりが振る舞われる。

私も試しに9時前に行ってみる、もう100人以上の人が行列している。

とにかく農産物が地元の多くの農家から出品されているので、新鮮で安いというのがいい。

私も頼まれた野菜をたくさん購入し、おにぎりをもらって帰る。暖かくおいしいおにぎりだった。

現地はそすいが流れ、高原山が近くに望め、広大な展望の地域だ。

場所は4号線2区交差点を北へ500mだ。詳しくは西那須野タウンページ「そすいネット」をご覧ください。

Img_7404


Img_7406


Img_7409


Img_7411


Img_7416


Img_7414

2008年9月27日 (土曜日)

久しぶりのカワセミ

カメラを持ってぶらっと乃木公園まで散歩。

静池の真ん中の石に小さなものが乗っている、

またカメかなと双眼鏡で覗いてみると、あにはからんやカワセミだ。

300mmでは少し遠いが狙ってみる。すぐに飛んで木にとまる。

最近静池にカワセミが住みついている。

少しトリミングしてある。今度はデジスコで撮ってみよう。


Img_7171


Img_7208


Img_7211


Img_7236

2008年9月26日 (金曜日)

牛用トウモロコシの収穫風景

夏場に県立那須拓陽高校乃木農場の牛用のトウモロコシ畑を紹介しましたが、

本日取入れ用機械で収穫されていました。一人の高校生であの広いトウモロコシ畑をあっという間に収穫してしまいました。

幹や実もろとも細かく粉砕され、収穫される様は圧巻でした。こぼれたのを見ましたが実は充分実っており、栄養のある牛の飼料となることでしょう。

この高校の本校は市内にあり、ご存知のように陸上が強く、かの渋井陽子選手がマラソンで有名です。

Img_7122_2


Img_7133_2


Img_7142_2


Img_7156_2


Img_7112_2

ふるさとにすなす産直会・「そすいの郷」      新米まつり!!

9月28日日曜日9時から先着500名に新米コシヒカリのおにぎり1個がもらえると云う。

その前に野菜の買い物もあり、今日始めて「そすいの郷」を訪問しました。

広い駐車場を完備し、生産者直の、種類が豊富で、新鮮で、安く、卵やお花まである西那須野にあるただ1つの産直会。

きょうは9時前から雨が降り出しましたが、沢山のお客さんが次から次へ車で駆けつけ、たいへん賑わっていました。ねらいめは午前中だそうです。

おババさんたちも安いものもあり、これから利用したいと云っておりました。

こんど水車で搗いたそばを食べに来たい。


Img_7310 Img_7315 Img_7314


Img_7316 Img_7319 Img_7330_2


2008年9月25日 (木曜日)

久しぶりの那須岳の遠景

ここ2、3日は日中は晴れて呉れています。

久しぶりに那須岳と朝日岳が拝めました。こちらまだ雪はありませんが北海道大雪山旭岳は初冠雪とか。

こちらももうじきでしょうね。三角が朝日岳。


Img_7105


Img_7100

2008年9月22日 (月曜日)

段菊と白いホトトギスたち

ダンギクはやはり「段菊」と書いた方が分かりやすい。

「のぶごんさん」のBlogに最近掲載されたので、物欲しそうにコメントを書きましたら、早速送って頂きました。ダンギクとは面白い名前ですね。よく見るとその名の通りです。のぶごんさん有り難うございました。

物欲しそうだったのはどなたか分かりますよね。

白いホトトギスは珍しいと思いましたが、皆さん撮っていらっしゃる。

この白はおババさんが散歩中、道端で草の中で小さく咲いているのを見つけた花です。今年は背丈は30センチほどに伸び2株となり、元気に咲いています。

その他庭の花たちを送ります。

段菊、白いホトトギス、紫のホトトギス、モミジアオイ、ツワブキ、ミニカスミソウ(神奈川からのこぼれ花)、クジャクアスター2度目ですか今が1番綺麗な時なので再度送ります。


Dsc00550 Dsc00551 Img_6969


Img_6958 Dsc00431 Img_6169

Img_6970 Img_6902 Img_6964_2

2008年9月21日 (日曜日)

今の羽田沼と琵琶池

稲が黄金の実りとなり、たわわに頭を垂れて刈り取りを待っている。

田から水を抜くとため池の水も抜くのだろうか。羽田沼は今ほとんど水のない状態である。

わずかな水を求めて、アオサギやダイサギが集まっている。カルガモとは違う鴨も居た。

毎年羽田沼は鳥の糞で汚染されているようだ。琵琶池も同じ状態のように見える。

那須野が原は幾重にも疎水が流されており、水の循環によるそれらの貯水池は浄化は出来ないものかと思う。

天然記念物の「ミヤコタナゴ」も居なくなっている。

琵琶池のイソシギとこの20年見ていないトノサマバッタがいた。感激!!


Dsc09341


Dsc09346


Dsc00448
アオサギの日光浴


Dsc00462
傷でもしたのか、やはりこちらにとどまっていた。


Dsc00494


Dsc00437
琵琶池 イソシギ


Dsc09333
琵琶池 トノサマバッタ

2008年9月19日 (金曜日)

小孫もお手伝い ベランダ直し

15日、新築丸7年、ベランダの板が雨のためつなぎ目のねじ釘のところで腐って来たので、2、3枚新しい板に取り替えた。早速小孫(年中組)が出て来て、金槌や鋸でお手伝い。

おジジの仕事なかなか捗らないが、金槌やノコの扱い方の基本を伝授する。まねごとだが一生懸命やっていた。

(おババさんデジカメで撮影)

Dsc00412

Dsc00410

2008年9月18日 (木曜日)

クジャクアスターとロベリア

春に20センチほどでkattyanが購入したクジャクアスターが90センチほどに伸び、2、3日前から
可憐な花を咲かせています。もう少し紫がかって落ち着いた色なのですが、太陽光線の加減でしょう。あしからず。↓


Img_6855


Img_6843

またロベリアも夏の初めから咲き続けています。↓


Img_6846

Img_6853_2

2008年9月15日 (月曜日)

シュウメイギク、スミダノハナビ、サギソウ

今年は雨が多いせいか、時期はずれの花がよく咲いている。

アジサイもサギソウも何度も咲いてくれる。


Img_6730_2


Img_6708


Img_6707


2008年9月14日 (日曜日)

中秋の名月と「ぼうじぼう」

Img_6714
↑おババさんが朝食後、今日はすすきをどこかで取って来てくださいとのこと。

早速探したが30mも離れない近所の土手に沢山生えていた。早速持ち帰った。

今日は中秋の名月の日らしい。10年も前に神奈川城山町で作ったアケビのツルの壷に見事に生けた。

よく似合っている。夕方お団子と栗をお供えした。見えないが壷もなかなか渋いですよ。

おババさんの作品はなんでも豪快で大胆だ。

Img_6751
↑旧暦の8月15日、「豊作」を祈って子供たちがわらで作った棒で各家の玄関で地面をたたきながら町内の各家を回る。農作物に被害を与えるモグラを追い払うとか、害虫を追い出す虫追いの行事と云われている。
ちょうど今日がその日にあたる。夕方家に回って来たところ。写真はちょっとふざけているが。各家からお菓子やお志を頂いて来る。いまだにこんな風習が残っており懐かしい。


Img_6770

Img_6770_2
↑中秋の名月は森からほんの一瞬顔を出した。すぐに雲に隠れ雨が降り出した。少しでも見られて良かった。

ツクツクボウシ 始めてゲット!!

この2、3日暑い日が続き、残暑が厳しいです。皆様いかがお過ごしですか。

そんな暑い中でツクツクボウシが庭のモクレンの木で鳴いていました。

近くへ寄って始めてゲットしました。

ツクツクボウシはなかなか見つけるのが大変な蝉です。

意外と大きいのに驚きました。5センチ以上に見受けられました。

カメラ=SONY DSC-W200


Dsc00390


Dsc00392

2008年9月13日 (土曜日)

キタテハやヒョウモン類が集まっています。

花が少なくなっているせいでしょうか、今盛りのニラの花やセンニチコウに蝶たちが集まっています。

使用カメラおよびレンズ
  CANON EOS 40D
ズーム EF 70-300mm 1:4-5.6 USM
マクロ EF-S 60mm 1:2.8 USM

Img_6299
ウラギンスジヒョウモン♂


Img_6305
ウラギンスジヒョウモン♂


Img_6371
ツマグロヒョウモン♀


Img_6406
ツマグロヒョウモン♀


Img_6574
メスグロヒョウモン♀


Img_6579
メスグロヒョウモン♀


Img_6627
キタテハ♂夏型


Img_6636
キタテハ♂夏型

Img_6313
カマキリ  オマケ


Img_6319
カマキリ  オマケ

2008年9月12日 (金曜日)

今年は豊作!!

ただ今買い物に行ってきました。

今年の稲が見事に実っていました。台風が近づいていますが影響なければ

豊作間違いないと思います。遠くの山は高原山で塩原温泉から鬼怒川、日光方面への峠道です。

我が家はトマト、キュウリ、ナスビ、豆類、トウガラシ類、ゴーヤもまずは順調な収穫でした。

ハクサイ、キャベツの植え付けが始まりました。ナスだけ残し取りはらい、耕運機の実働となりますが、扱いはうまくなり30センチも掘り下げてくれますので大変楽です。苦土石灰とケイフンを撒いておきます。

草が生えないようにビニールのマルチで、9本の棟が出来ました。

お母さんが苗を購入し、植え付けが始まっています。

ナスビは秋ナスを穫るためにざっくり剪定してあります。右手前はトウガラシ、左前がナスビです。

耕運機の写真は昨日でおババさん写す。


Dsc00409


Dsc00407

2008年9月11日 (木曜日)

カブトムシの赤ちゃん(幼虫)            83匹!?!?!!!。

7月初め、近所の人からメスのカブトムシ1匹を頂いた。(飼育担当は中孫小学3年補助お母さん)

その後カブトムシの虫かごに自然に集まって来たもの5、6匹や、おババさんのペットボトルのトラップに来たオスとメス、また私が芝生で捕まえた1匹など合わせて10匹以上になった。友達にもらわれていったカブトムシも沢山いる。7月末には10匹位残っていた。

さてさて、8月14日ふたを開ければ大騒ぎ、卵がいっぱい、孵化しているもの多数。
どうも100匹ぐらい生まれているらしい。卵は2ミリくらい、孵化している幼虫は3、4ミリ。
そっとまたカブトムシマットをかぶせておねんねさせる。

さて、9/6相当大きくなっているはず、小さな虫かごから移動させることとなり、物置から使い古したプラの衣料入れをお父さんが出して来て、新しいマットを入れ、お母さんが順次数えたら、大きくなった幼虫は全部で83匹いた。

これからどうなることやら。


A
7/11 もぐっている奴もいる。


Img_5020
8/14 卵がよろしくねっと笑っている。


D
8/14 大きさ3ミリくらい。


E
9/6 お母さん底から掘り出している。友達も集まって来た。


B
9/6 大きくなった。5、6センチ。


C
9/6 全部で83匹。ウヒャー。

2008年9月 8日 (月曜日)

トチの実

鳥の様子を見に、近くの那須野が原公園へ出かけました。

トビを発見しただけで他の鳥は見えず。

そのかわりトチの実が路上に沢山落ちていました。

おババさんにトチ餅でも、つくってもらおうと拾って持ち帰りましたが、

渋や苦みを抜くのに大変な時間がかかることが分かり、お餅は断念しました。

トチの実は始めて手近に見ましたが、クリのやや小さめと云ったところでしょうか。
美味しそうでしたが。残念でした。

Img_5904


Img_5907


Img_6098


Img_5921

2008年9月 7日 (日曜日)

これもアマガエル?

アマガエル、トノサマガエルやら庭にカエルがいっぱいいる。

芝生に水をやろうとたら、モップなどの下から出て来た。

これも調べてみたがどうもアマガエルらしい。雄かなあ?。

背中の紋がこれほどはっきりしていたのでビックリした。


Img_5672


Img_5673


Img_5675


Img_5676

こんな色のカエルもいた。アカガエルでしょうか。


Img_5534

2008年9月 5日 (金曜日)

那須地区小学校陸上競技選抜大会

4日、主題の大会が西那須野運動公園で開催された。5年、6年生が対象で我が長孫はがらは小さいながら5年代表として400mリレーと80mハードルそして走り幅跳びに出場。

結果として、400mリレーが5年代表になり、次の大会に進むこととなった。80mハードルは地区7位でよく頑張った。ホームが綺麗で少し練習すればまだまだ伸びる。また走り幅跳びはファールが多く今後期待する。

運動には自ら何でも挑戦する性格で、今は野球で毎日6時まで頑張っている。


Img_5855
第3走者としてアンカーにバトンタッチ。(青)


Img_5984_2
中間で第3位最終ゴールで1位。


Img_6031_2
ファールが多く練習が次第。

2008年9月 1日 (月曜日)

ホウセンカ(鳳仙花)ってこんな花

花壇の隅に鳳仙花が2枝。可憐に花を咲かせています。

聞けば、小2の中孫が学校帰りに農家のお友達から頂いて来た苗だそうです。現在高さ30センチほどです。

千日紅のようによく目を凝らせば、綺麗で可憐な小さな花が沢山咲いているものですね。

いつもおババさんに云われて、始めて発見です。


Img_5684


Img_5680


Img_5677


Img_5679


Img_5687

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »