« 小孫もお手伝い ベランダ直し | トップページ | 段菊と白いホトトギスたち »

2008年9月21日 (日曜日)

今の羽田沼と琵琶池

稲が黄金の実りとなり、たわわに頭を垂れて刈り取りを待っている。

田から水を抜くとため池の水も抜くのだろうか。羽田沼は今ほとんど水のない状態である。

わずかな水を求めて、アオサギやダイサギが集まっている。カルガモとは違う鴨も居た。

毎年羽田沼は鳥の糞で汚染されているようだ。琵琶池も同じ状態のように見える。

那須野が原は幾重にも疎水が流されており、水の循環によるそれらの貯水池は浄化は出来ないものかと思う。

天然記念物の「ミヤコタナゴ」も居なくなっている。

琵琶池のイソシギとこの20年見ていないトノサマバッタがいた。感激!!


Dsc09341


Dsc09346


Dsc00448
アオサギの日光浴


Dsc00462
傷でもしたのか、やはりこちらにとどまっていた。


Dsc00494


Dsc00437
琵琶池 イソシギ


Dsc09333
琵琶池 トノサマバッタ

« 小孫もお手伝い ベランダ直し | トップページ | 段菊と白いホトトギスたち »

自然その他」カテゴリの記事

コメント

ほんと鳥たちの季節ですね。
年々少なくなって来ているような気がしますが、
鳥の写真どんどん送ります。乞うご期待!

これからはいよいよ鳥君たちの季節ですね
大型のサギが1本の木に止って 丸でサギの木ですね 水が増える頃には水鳥も訪れてきて 賑わいが戻ってくることでしょうね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小孫もお手伝い ベランダ直し | トップページ | 段菊と白いホトトギスたち »