« シメもいました | トップページ | 小川のカワセミが魚をとった。 »

2009年2月11日 (水曜日)

セグロセキレイとチュウサギ

那須朝日岳に端を発する余笹川は1998年10年前に土石流が発生し、那須高原およびその下流に大きな被害をもたらしました。

今でも川には大きな石がゴロゴロとしています。

当地より20キロくらい東になりますが鳥の様子を見に行ってきました。

あまり成果はあげられませんでしたがセクロセキレイ、キイロセキレイ、チュウサギ、カワガラスなどがいました。

きれいに撮れたセグロとチュウサギ(ダイサギでしょうか分かりません。全長1メートルはあったと思います。)をどうぞ。


Dsc03474_2


Dsc03475


Dsc03482


Dsc03488_2


Dsc03496_2

« シメもいました | トップページ | 小川のカワセミが魚をとった。 »

鳥たち」カテゴリの記事

コメント

のぶごんさん 有り難うございました。
こころもち嘴が短いかなと思いました。それで迷いました。

ずいぶん立派なセグロですね 中サギは少し嘴が短いと思います これは大サギではないかと思いますが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シメもいました | トップページ | 小川のカワセミが魚をとった。 »