« 赤い大輪のシャクヤクと白い大輪の八重のテッセン | トップページ | 巨大モンゴウイカが来た! »

2009年5月25日 (月曜日)

長い越冬の末、クロアゲハは羽化した。

まさに昆虫の力強さに感動した!

昨年9月中旬、8月に卵から孵った7つのクロアゲハが蛹となった。8月のアゲハと同じく10日くらいで羽化すると思っていた。

しかし7つのクロアゲハの蛹は10月になっても羽化しない。9月の蛹は難しいかもしれないと思い、半分あきらめ、物置小屋に入れておいた。

この5月の21日に突然おババさんが物置のクロアゲハが羽化しているのでないかと言い出した。すっかり忘れていた私は物置にほったらかしのガラスの金魚鉢を急いで見に行った。

なんと1つ羽化しているではないか。しかも羽化したばかりだ。おババさんの霊感?に驚きながら、入れ物を部屋に持って来た。

更に23日もう1つが羽化した。天候の加減もあるだろうが9月の蛹は生まれず越冬することが分かった。

8月の卵から暖房もない寒い冷たい冬の物置小屋の隅でよく過ごせたものだ。生まれてから10ヶ月の長い間よく頑張ったものだ。

これでようやくクロアゲハの一生の観察が出来た。近くまとめてみたい。


Photo_2
物置小屋から出して来た金魚鉢。7つの蛹がある。青丸は今回羽化した蛹だ。青丸Aは5/21、Bは5/23に羽化。

Img_6779_2
蛹になる前の蛹化、08/09/15。


Img_6832
08/09/17蛹となった。蛹はその場の色の保護色となると云う。青色の蛹となった。


Img_8166
羽化した後の殻。


Img_8168_2
しばらくして咲いていたウツギの花に移してやる。盛んに花の蜜を吸い、元気に大空へ旅たった。

↓5/23羽化のB蛹。蛹化(08/09/15)と蛹(08/09/17)。蛹の色は止まり木の色と同じである。

Img_6674_2 Img_6693_2


↓羽化したばかりのB。(09/05/23)

Img_8194 Img_8208

« 赤い大輪のシャクヤクと白い大輪の八重のテッセン | トップページ | 巨大モンゴウイカが来た! »

昆虫たち」カテゴリの記事

コメント

勝江様 いつも有り難う。
全く「う〜ん」でした。私は完全に忘れているのですからね。自分に関する周辺のあらゆる事象について常に考えているようです。私は失敗しないですみますので助かります。

 わたくしのよな者には「う〜ん」と唸るのみ、おばばさまに脱帽・・・孫ちゃんにとっても無くてはならないお二人ですね。最高・・・もう一度「う〜ん」です。

すばらしい感をしています。日常のことは任せきっていますので一緒にいると大変助かります。

素晴らしい観察記録ですね 日付けも入っての追跡記録は貴重なものですよ それにおばばさまの鋭敏な感覚は やはり動物や植物に常に接したり 関心をもち続けていることで 自然と五感を研ぎ澄ましているからでしょうね 驚嘆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤い大輪のシャクヤクと白い大輪の八重のテッセン | トップページ | 巨大モンゴウイカが来た! »