« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月29日 (水曜日)

ゴイサギ(五位鷺)

久しぶりにゴイサギさんに乃木公園で会いました。この方は宮中にのぼれる鳥さんですよ。えらいのです。

だから五位鷺と申します。昼間ですから真ん中の島で休んでおります。失礼写りはあまり良くありません。従五位下なんですよ。もっとうまく撮ってよ。

むつかしいお方でした。

薄茶の点々のある鳥はこのゴイサギの幼鳥です。ホシゴイとも呼ばれています。


Img_0634


Img_0633


Img_0636

しゃれた冠羽がちょっぴり見えます。
Img_0635_2

2009年7月28日 (火曜日)

グラジオラス

グラジオラスは我がブログに新登場です。

5/10茨城県の袋田の滝を見に行った時、ちかくの「奥久慈憩いの森」のイベントで沢山頂いた球根です。

帰ってすぐに北の斜面のミョウガの上の段に植えておきました。ミョウガもまだ芽が出ていませんでした。

6月半ばようやく芽を出し、葉が出て、2週間前から花芽を出して2、3日前から花が咲きだしました。葉や茎が長く、雨も振りづめなので、ビニールひも3段で支えてやりました。

黄色、うす緑、紫と今のところ3色の色を出しています。グラジオラスは沢山の色があるのですね。

満開が楽しみです。    手前のミョウガの葉も大きくなっています。


Img_0559_2


Img_0596_2


Img_0598


Img_0599_2


Img_0611

2009年7月27日 (月曜日)

「これがカサブランカだ!」

湘南のYさんから送られて来たピンクのユリはご紹介した通りですが、ピンクと同じく秋に植えた球根で2週間ほど遅れて、膨らんで来たユリがあった。これがカサブランカだとは思いもしなかった。

Yさんのマジックにかかったようだ。

黄色もピンクもカサブランカでないと云うのだから、この白が「これがカサブランカだ」と納得した。

Yさんよ沢山のユリを楽しませてくれて有り難う。


これは2週間早く咲いたピンクの大型のユリ。
Img_0397_2

この白、「これがカサブランカだ!」  2009年7月
Img_0572_2


Img_0573


Img_0574


Img_0577


Img_0582_2


Img_0584_2


Img_0588

2009年7月26日 (日曜日)

今日の野菜たち

戻り梅雨とでも云うのでしょうか、各地では災害が起きており心配です、日蝕もうまく撮れず、しつこく降る雨に、家に引きこもりがちです。

今日は久しぶりに朝から太陽が出ています。朝早く3日間ぶりに畑の収穫を行いました。

私の好きなシシトウも沢山穫れました。今年のゴーヤは肌がツルツルしています。味は変わりません。トマト美味しいです。

Img_0546_2


Img_0547


Img_0548

2009年7月22日 (水曜日)

栃木県那須塩原市のバケツの部分日蝕

今日は生憎の雨まじりの厚い雲模様。それでも孫たちの友達が10人くらい集った。

11時02分薄い雲に覆われた部分日蝕が現れた。おジジさんも直接太陽に向けて写真が撮れないので、バケツに映った部分日蝕を撮った。那須塩原市の日蝕はこんなもんでした。まずは上出来。おババさんも見ていた。

すぐに隠れてしまい2度と現れなかった。この瞬間が撮れて良かった。

Img_0494


Img_0494_2

2009年7月21日 (火曜日)

オニヤンマ

ベランダを塗り替えていたら、物干竿にオニヤンマがとまった。

トンボの大将であり,これが飛んでるうちはエサの虫があると云うことだ。

Img_0267


Img_0270

2009年7月19日 (日曜日)

カブトムシとユリたち

早起き散歩は3文の得。おババさんは今日の散歩は暑くなりそうなので、朝食の後8時頃妹のkさんと出かけました。

途中でカブトムシが歩いているのに出くわし、捕まえて1時間後に戻ってきました。

休日の関係で早くなった夏休みの孫たちは喜んで、早速クワガタと闘わせていました。

ユリたちは元気に咲いています。下からしおれて行きますのでしおれた花だけ取ってやります。

上の方のつぼみも大分少なくなりました。今朝のユリたち。

Img_0382_2


Img_0389


Img_0390


Img_0397


Img_0400_2

2009年7月16日 (木曜日)

花の番人

黄色のユリには可愛い番人がいました。ユリの芳醇な匂いに誘われてやって来たのでしょうか。
アマガエル、眠っているようにみえます。驚かさないように、そっと撮影です。

Img_0176


Img_0178_2


Img_0179_2


Img_0180_2


Img_0181_2

2009年7月14日 (火曜日)

ピンクのカサブランカ? が咲きました。

実はピンクのカサブランカとか、黄色カサブランカという品種はないそうです。カサブランカは色だけを云えば白のみと云うことです。園芸品種ですからいろいろのユリが生まれることは確かです。

さて、今日はピンク色の大輪のユリの写真をご紹介します。名前はさておき、これも昨秋、湘南のYさんより贈られて来たもので、その秋3人で植えました。

球根がそもそも大きいので、深さ30センチとなとます。ピートモスと腐葉土を入れ、土をかぶせます。
全部で20個でしたか?   そして9ヶ月経ちました。

それがこのように大型のピンク色をした鹿の子まじりの、白覆輪に囲まれた、すばらしいユリが誕生しました。初めての色で感激しました。花の径は黄色と同じで25㎝はある大型です。背丈は今のところ150センチくらいでしょうか。

園芸品種で名前は何なのか探しましたが、一番似ていたのが「ソルボンヌ」でした。名前はともかくこのように大きくて、ピンク色のユリは初めてでした。見てください。

下の絵の右のユリの花びらが1枚下に落ちました、ご容赦。

また一番下の絵「これがカサブランカだ!」を掲載。2003.07.22撮影。同じ我が家です。


Img_0228


Img_0133


Img_0099_2


Img_0217


Img_0111


Img_0165_2


Img_0146_2


黄色もまだまだ元気です。

Img_0105_2


Img_0262


Img_0260





「これがカサブランカだ!」 2003.7.22 6年前同じ我が家で撮影。

Epsn0004

2009年7月13日 (月曜日)

ゴールデンカサブランカ 満開!

ユリの王者と云うか、女王と云うか、黄色カサブランカ。背丈2m、花の径25センチ、茎の径根元の辺で5センチ以上。それがご覧の通り.凄いですね。

湘南のYさんから贈られて、はや6年目を迎える。おババさん大切に育てる。

とにかく狭いところにたくさん植えたので、もうワヤクチャ.満員御礼!!

花好きのおじさんが通りかかり、1株欲しいと。掘り起こしてもって帰りました。

黄色カサブランカよりゴールデンカサブランカの方がかっこいいですよね。やっと見つけた名。

次はピンクのカサブランカをお目見かけます。乞うご期待!

Img_0010


Img_0015_2


Img_0008_2


Img_0016

2009年7月12日 (日曜日)

芭蕉の里黒羽のアジサイまつり

今日12日まで行われている黒羽城のアジサイまつり、遅くなりましたが昨日ちょっと顔を出して来ました。

栃木の黒羽は芭蕉が気に入り、最長の14日宿泊したとなっています。黒羽城趾公園がアジサイまつりの会場となっています。

その雰囲気だけでも味わってください。

Img_0035 Img_0034 Img_0036_2


Img_0038_2 Img_0040_2 Img_0041


Img_0049_2 Img_0053_2 Img_0054


Img_0055_2 Img_0064_2 Img_0073

2009年7月 9日 (木曜日)

黄色カサブランカが咲き始めました

梅雨空の中、まだ2輪ですが「黄色カサブランカ」が今年も咲き始めました。

カサブランカと云えばハンフリー・ボガードとイングリット・バーグマンを思い出します。古いね〜。

なお話はそれますがハンフリー・ボガードと美空ひばりの映画はほとんど見ています。よかったな〜。と云っている75才のおジジ。

また門の左側には「スズランの木」が咲いています。高木の方です。今スズランの花のような甘い香りをかすかに漂わせています。

このスズランの木は調べて分かったことですが、世界3大紅葉樹の一つだそうです。そう云えばきれいだったなあ〜? 今度は紅葉を残しておきます。

Img_9973_2


Img_9971_2


Img_9966_2


Img_9853_3


Img_9859_3

2009年7月 5日 (日曜日)

段菊

のぶごんさんの「段菊」咲き始めました。この花だけ漢字の表示にしました。

名の通り下から段々に咲いていきます。小さな粒がみんな花なんですね。不思議です。

アブも蜜を吸いに盛んにやってきます。

Img_9892_2


Img_9895


Img_9887

2009年7月 4日 (土曜日)

カマキリ、ナナフシの赤ちゃんがこんなに大きくなりました

続々と生まれて来るカマキリの赤ちゃん。(09.050.05)

Img_7858_2

シッポから頭まで3センチほどでしょうか。もういっぱし威嚇しています。(09.07.01)
あんなにいた赤ちゃんたちどこえ行ったのかな。

Dsc06173

生まれたばかりのナナフシの赤ちゃん。爪ぐらいの大きさくらいでした。(09.04.18)

Img_7320_2

体長5センチくらいに成長。何を食べているのかな。(09.07.03)

Img_9852

ともに「バケツの稲」にいました。素材提供おババさんでした。

2009年7月 3日 (金曜日)

フウラン(風蘭)が今年も咲きました

今年のフウランは心持ち色が薄いようです。

やはり野菜たちと同じで太陽光線が足りないのでしょうか。

でも可憐に咲いています。白ももうすぐです。

Img_9867_2


Img_9868

2009年7月 1日 (水曜日)

ジャガイモの収穫

先週27日土曜日午後お父さんと小孫がジャガイモ掘りをやってくれました。

今年のジャガイモは成績がよく、ご覧のような大きなジャガイモさんがたくさん穫れました。

種芋はお母さんが買ってくれましたが「北あかり」と「男爵イモ」を植えました。

こんなに成績が良かったのは初めてです。野菜たちの成績が悪い中、良かったです。

またおいしかったこと、ホッコホコです。ジャガイモをあまり食べないおジジさんもこれはうまいと食べました。

Dsc06169_2


Dsc06170_2


Dsc06171_2


Img_9796

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »