« 那須岳もうっすら雪化粧 | トップページ | ヤマガラ、シジュウガラがようやくやって来た! »

2009年11月10日 (火曜日)

「バケツ稲作り」完成しました。

30粒の籾が果たして何粒?何合? チィ孫の幼稚園の宿題ではありませんが家族全員で取り組みました。

200枚以上の写真から60枚を選び、更に今回15枚を選びこの投稿と成りました。

少し枚数が多いですが見てください。

最終的に計ったわけではありませんが、5合ばかりあるように見受けられます。

30粒が5合です。私もこんなになるとは知りませんでしたが、お米作りの農家の方々のご努力に敬意を表し、また我々の主食を生産して頂いているのですから、あらためて感謝したいと思います。

日付順にはなっていますが、撮影日を省略しました。よろしく。

脱穀、籾すり、精米は原始的な方法で実行中です。


4月上旬。
001_2


4月19日より始めました。
002_3


007


Img_8060_2


5_2


Dsc09556_2


Dsc09557


Dsc09669


Dsc07062


Img_0593


Dsc07496


Dsc07504


Dsc07509


Dsc07515


Dsc07516

« 那須岳もうっすら雪化粧 | トップページ | ヤマガラ、シジュウガラがようやくやって来た! »

ざ 家族」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然その他」カテゴリの記事

コメント

籾を玄米にすることや、玄米を白米にすることに手こずっています。昔の人たちも苦労したことでしょうね。

素晴らしい実証記録ですね 有史以前?から続いている 日本人の一番の基本食料である米の栽培と収穫とを身を持って体験した孫君たちは きっと心の奥深くに刻み込んだことでしょう 嬉しい掲載ありがとうございました 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 那須岳もうっすら雪化粧 | トップページ | ヤマガラ、シジュウガラがようやくやって来た! »