« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月11日 (金曜日)

乃木さんのカワウ

久しぶりにカワウが来ていました。

カワウはどんな会話をしているのでしょうね。
こんなんでしょうか。(6月17日追加)


「一人で行水気持ちがいいなあ」
Img_9875_2


「天日干し甘露甘露」
Img_9895


「1、2、3・・・」
Img_9901


「オレ様の場所だッツーの」「ガふエ〜」
Img_9903


「これでオレ様の天下だ」
Img_9907


「まだオレがいるカメ」「なぬ!?」
Img_9908


「オレの負けだ、さいなら〜〜〜」
Img_9913_2


「だんだん小さくなって消えてゆてゆくのでした」オワリ。
Img_9915

2010年6月 9日 (水曜日)

初穫りソラマメとエンドウとタマネギ

エンドウは旬は終ったが、穫る度にボールいっぱいの収穫があった。私の好きな卵和えはいっぱい食べた。

ソラマメは昨日が初獲りです。種が高いので20粒しか植えていませんが、大きなソラマメに育ちました。
沢山ではなかったのでみんなで分けて食べました。

タマネギも200本植えましたが順調に育ち収穫まじかです。

Dsc00429_2


Dsc09979_2


Dsc09977_2


Dsc00423


Dsc00422

2010年6月 7日 (月曜日)

シラーペルビアナとシャクヤクと白八重テッセン

始めの二つの花はお母さんの大事な花だ。後の白八重テッセンは娘からの贈り物おババさんが大事に育てています。

最初のシラーペルビアナは舌を咬むようなむつかしい名前ですが、和名は大蔓穂 (オオツルボ)と云い地中海沿岸が原産地とか。

日本のツルボ類は野道や土手に咲いているようだ。これから気をつけてみよう。

今年の花たちはひと月くらい遅れで咲いている。この三つの花も少し遅れている。

2番目のシャクヤクも表現できないような真っ赤な色。

白八重テッセンは私が名付けているだけで、本当はなんというのでしょう。白も清楚ですね。


シラーペルビアナ
Img_9937_2


Img_9965_2


Img_9968_2

シャクヤク
Dsc00400_2


Dsc00405_2


Img_9960

白八重テッセン
Img_9471_2


Img_9925


Img_9927_2

2010年6月 6日 (日曜日)

キジも鳴かずば打たれまい

朝食も終わり、花でも写そうと8時に庭に出たら「ケン、ケン」と高いキジの声。

近くにいると直感しデジスコを持って30mほど下ったいつもの高校の牧場をそっと覗く。居た居た50Mほど離れたとうきび畑の少し伸びた中に。牧草の残り種を食べに来ている。

大きな声で鳴くくせに警戒心は強い。最後はスタコラサッサと逃げられた。

雌が近くにいるのでしょうが見つかりませんでした。雄1羽のみです。

デジスコ(KOWA664+45倍接眼レンズ+SONY DSC−W200)で激写。

(表題はベルフラワー今咲いています)


Dsc00368


Dsc00382


Dsc00363

スタコラサッサ
Dsc00394_2

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »