« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土曜日)

乃木公園のゴイサギ

毎年7月の終わり頃にやって来るゴイサギ。今年は3羽と少ない。

親が1羽、お母さんかお父さんか分からない、子どもが2羽来ていた。

Img_1031


Img_1027


Img_1043

Img_0960


2010年7月30日 (金曜日)

ヒメヒオウギスイセン

今度は赤にしました。

ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙)。なかなか名前が分からず苦労しておりましたところ、のぶごんさんにご連絡頂き分かりました。有り難うございました。

少し時期が遅いですが名前が判明したことと赤味を帯びたオレンジ色がきれいなので特集しました。サイドに少し掲載しておきました。

私が知らないだけで、どこにでも咲いている、子ども達もよく知っている花だそうです。

明治中期に外国から入って来た園芸品種だそうです。咲けばきれいなのですが増え過ぎて困るそうです。モントプレチアと呼ぶそうです。

Img_1018


Img_1015


Img_1017

2010年7月28日 (水曜日)

待望の白のカサブランカが咲きました。

昨年と同じ日の7月26日に第一輪が咲きました。それ以後は酷暑の中、次々と咲いています。

今年は少し小さいかなと思いましたが、この暑さでどんどん大きくなり、昨年と同じ大きな花を咲かせています。

沢山撮りましたので左サイドにも公開します。

Img_0904_2


Img_0920_2


Img_0905


Img_0916

2010年7月24日 (土曜日)

トンボたち

午前中暑かったが久しぶりに乃木公園と烏森公園へ行ってみた。この暑さで鳥たちも人も姿を見せませんでした。

日陰でアオサギとカルガモの一家が休んでいました。

トンボなどを撮ってみました。

ナツアカネ。赤が映えますね。(烏森公園)
Img_0787_2


ノシメトンボ。(乃木公園)
Img_0727_2

オニヤンマ。(乃木公園)
Img_0731

ルリボシヤンマか不明。ブレました。(乃木公園)
Img_0751_2

コシアキトンボ。(乃木公園)
Img_0776


モノサシトンボ。イトトンボですね。(烏森公園)
Img_0784_2

蒲の穂。(烏森公園)
Img_0779

池の恋?鯉も暑さに燃えています。(烏森公園)
Img_0781

アジサイがまだ咲いていました。烏森公園
Img_0796

赤いキョウチクトウ。(烏森公園)
Img_0794

大きなムクゲ。(烏森公園)
Img_0792_2

今日は以上です。


2010年7月22日 (木曜日)

フウラン(風蘭)が今年も咲きました

このフウランは神奈川県城山町(現相模原市)の自宅購入年(平成元年)に相模原駅前通りの大きな園芸店で、おババさんは(その時はおババさんではありませんが)遠慮していたが、1株だけの小さな鉢付きを買ったのを思い出しました。

22年前になりますね。以来おババさんはこのフウランを大事に育てています。

今では大きな株に成長し3鉢になっています。写真上から3枚がその3鉢です。

この白は関東以西に咲き、日本固有の品種だそうです。


Img_0704


Img_0656


Img_0705


Img_0663_2


Img_0666_2


Img_0680_2

ピンクも咲くはずでしたが、冬の間に菌にやられ消えてしまったそうです。ピンクは西洋フウランで園芸品種として弱いようです。それでもこちらへ来てからですから7年は楽しませてくれました。

2010年7月17日 (土曜日)

グラジオラス

私もきれいですよと、グラジオラスがひがんでいます。

昨年赤がありませんでしたので、おババさんの希望で赤が入っているのですが、まだ咲きません。

一昨年「袋田の滝」の近くの公園のイベントで球根を頂いたグラジオラスです。昨年花が咲いたあと教科書に習って、11月球根を取り上げ、日陰で乾燥して3月に植え替えたグラジオラスです。一生懸命私が世話をしています。

まだちらほらしか咲いていません。


Img_0584_2

Img_0583


Img_0585


Img_0589_2


Img_0588

2010年7月16日 (金曜日)

今日のカサブランカとブルーベリー

久しぶりに梅雨が明けたような快晴。昨夜の雷と土砂降りの雨がうそみたい。

ユリたちは競うように咲き誇っています。一番大きいつぼみの状態の花弁の長さ15センチ。

ブルーベリーの6本の木も、この暑さで実もたわわで美味しそう。

夕方にはまた夕立が来そう。

Img_0527_2


Img_0530


Img_0523_2


Img_0524_2

2010年7月14日 (水曜日)

落とし文(オトシブミ)

今日は「網戸」にやって来た虫3題と名前の分からない昆虫1題をお送りします。

第一番目は「ヒメクロオトシブミ」。ぽんぽこさんに教わって一度登場していると思います。

「落とし文」のことは皆さんご承知のことと思います。

江戸時代のこと、恋文かどうかは分かりませんが、相手に渡すのに直接に渡さずに、文を落として相手に拾わせたと云う行為があったそうです。そこから付けられた名前が昆虫「オトシブミ」。

そのヒメクロオトシブミが又やってきました。先ずは写真を。

Photo_2

全長5ミリくらいの小さな虫です。これは今まさに飛び立たんとするところが写りました。
2

今日そぼ降る雨の中、庭の桜の木に探しに行きました。ありました。ありました。下に落とす前のオトシブミがありました。柔らかい葉っぱを文のように巻き込んで、その葉っぱの中に卵を産んで、しばらくすれば下に落とします。
この葉っぱが幼虫のエサになるそうです。面白い虫もいるものですね。

Img_0486


次に「ナナフシ」です。毎度おなじみです。今の時期我が家の庭にはいっぱいいます。トウカエデの若木には沢山います。ワレモコウの草は大好きらしく今日も止まっていました。網戸にもよく間違えて止まっています。

Img_0135_2

ワレモコウに止まっている「ナナフシ」
Img_0500_2


3番目には図鑑を調べて分かりました。当ブログ初めての昆虫です。「カミキリムシ」の一種でした。
名前は「ヨツスジハナカミキリ」ではないかと思われます。

Img_0218


Img_0216


最後に名前の分からないムシ。どなたか教えてください。昨年の写真で申し訳ありませんが。ホタルブクロの花の上にいました。羽がないので生まれたばかりでしょうか?  全体が鈴虫みたいですが分かりません。

Img_0193_2

2010年7月13日 (火曜日)

黄色カサブランカも咲きました

翌日黄色カサブランカも咲き始めました。ピンクも二日目沢山咲ききれいです。

白のカサブランカは昨年もそうですが、今月末くらいになりそうです。しばらくお待ちください。

Img_0401_2


Img_0399


Img_0396


Img_0402


Img_0404

2010年7月11日 (日曜日)

ピンクのカサブランカ が今日開花しました。

待ちに待った湘南の娘のピンクのカサブランカが黄色より早く今日3輪咲きました。大型です。

全国荒れ模様のお天気ですが、昨年と同じ日に咲いてくれました。願いが通じたのですね。

カサブランカと云う名前は白だけだそうですが、通称名として使用しても問題ないでしょう。

オリエンタル系の種類を色々探しましたがこの種類は見つかりませんでした。

何かぴったりのような気がします。

早くお知らせしたくて本日2本のブログとなりました。


Img_0354_2


Img_0356


Img_0357

選挙に行ってきました

9時半田舎道を1、5キロ離れた公民館まで歩いて参議院選挙に行ってきました。

おババさん達は朝のウォーキングの代わりですが、往復3キロ私は汗をかきました。

途中で会った人は一人だけでした。

Dsc00599


Dsc00596_3

カンゾウです。
Dsc00598_3

踏切の向こうが公民館です。上は東北新幹線です。したの踏切が東北本線です。子供達の通学はこの踏切は通らず、右少し先の橋の下を通ります。学校はあと約1キロです。毎日元気に通っています。

Dsc00604_2

2010年7月 7日 (水曜日)

スズメバチとモミの木

この時期スズメバチの姿を庭でよく見かける。このスズメバチはあまり大型ではない。4センチくらいだ。いつも見かけるのはもっと大きく6センチくらいある。

先日も雨上がりの朝日が差し込むモミの木(我が家のクリスマスツリー)にやって来ていた。太い幹を見るとアブラムシでいっぱいだ。気持ち悪い。

これを食べに来ているのかと思ったが違うようだ。アブラムシを食べるのはてんとう虫かカメムシだ。

この木には冬でもエナガがよく群れて来て、何かを食べているようだ。このスズメバチもアブラムシを食べている様子はなかった。

マダラヒカゲも集っていた。葉の間から出る樹液でも吸っているのだろうか。その辺は確認できなかった。

ハチはこちらから怒らせなかったら先ず大丈夫だ。でもコワイ。


Img_9443_2 Dsc00323_4 Dsc00329_3


Dsc00332_2 Dsc00339 Img_9441

Img_9446

2010年7月 5日 (月曜日)

ドジョウ

おババさんとKさん(おババさんの妹)は毎日8時半頃から1時間ウォーキングをしています。

いつも出会った鳥や昆虫などの報告をしてくれます。

昨日は「ドジョウ」でした。初めての登場です。2センチから4センチくらいの小さいドジョウでした。

田んぼの水がU字溝に落ちるところに固まって集っていました。田んぼの水が抜かれ、だんだん少なくなり、最後にU字溝にドジョウは落ちて来たのでしょうね。

このまま放っておくとこの暑さでU字溝は干上がってしまい、ドジョウたちは死んでしまいます。小孫にも見せてやりたいとのおババさんの指示ですくってきました。昔のメダカの水槽1式を物置から出してきました。

ドジョウの種類は分かりません。


Img_0073_2


Img_0093_2


Img_0100


Dsc00583_2

2010年7月 2日 (金曜日)

ピンクのユリ 今年も咲きました

表題の写真の中にありますが、昨年湘南の娘から贈られた小型のピンクのユリが今年も咲いています。

見てください。

追加(7月3日)
  おババさんによればユリの種類は「スカシユリ」だそうです。


Img_0085

Img_0082

Img_0083

Img_0089_3

2010年7月 1日 (木曜日)

大きなヒマワリが咲いた

今日は早7月1日となりました。少々ご無沙汰しています。今日もお天気は曇天で蒸し暑い日ですが、私は元気でいます。

この後まだ沢山のヒマワリが咲いて行きますが、まずはお初のヒマワリをご紹介します。

シジュウガラなど鳥たちが春にあちこちにこぼして行ったヒマワリです。

小孫のヒマワリも咲いていた。


Img_0104


Img_0105


Img_0106


Img_0070

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »