« ピンクのユリ 今年も咲きました | トップページ | スズメバチとモミの木 »

2010年7月 5日 (月曜日)

ドジョウ

おババさんとKさん(おババさんの妹)は毎日8時半頃から1時間ウォーキングをしています。

いつも出会った鳥や昆虫などの報告をしてくれます。

昨日は「ドジョウ」でした。初めての登場です。2センチから4センチくらいの小さいドジョウでした。

田んぼの水がU字溝に落ちるところに固まって集っていました。田んぼの水が抜かれ、だんだん少なくなり、最後にU字溝にドジョウは落ちて来たのでしょうね。

このまま放っておくとこの暑さでU字溝は干上がってしまい、ドジョウたちは死んでしまいます。小孫にも見せてやりたいとのおババさんの指示ですくってきました。昔のメダカの水槽1式を物置から出してきました。

ドジョウの種類は分かりません。


Img_0073_2


Img_0093_2


Img_0100


Dsc00583_2

« ピンクのユリ 今年も咲きました | トップページ | スズメバチとモミの木 »

」カテゴリの記事

コメント

田んぼにドジョウが発生しているとは思いも寄りませんでした。少しでも農薬が押さえられているのでしょうか。いいことです。
せっかく生まれた生き物に大きく育ってほしいです。
食物連鎖の中にあっても。

ドジョウが生息しているということは 農薬散布が抑えられているからでしょうね しかし 最後に流れ込む川までの水路の確保が出来ていないなんて 役人が考えるとそうなってしまうのでしょうね 孫君たちには良い教材ですね ご苦労さまでした

それほどの博愛主義とは思いませんが、孫たちが喜ぶことはなんでもやってやろうというやさしい心は旺盛ですので
そばに居て忙しいです。

 博愛主義のおババさんにとっては、命あるものの行く末を見て見ぬ振りは出来なかったのでしょうね。どじょうの目に心無しか感謝のいろが、あるような ! ! !・・・? ドジョウはもっと黒いいろをしていると思っていましたが色白なんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピンクのユリ 今年も咲きました | トップページ | スズメバチとモミの木 »