« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火曜日)

多肉植物

ホームセンターで4年くらい前におババさんが購入した詰め合わせの?多肉植物。少し云いにくいがサボテンとは違うらしい。

最初は5種類くらいあったらしいが今では2種類が残ったとか。冬があるのでおババさんでも難しいそうである。

その一つが花を咲かせた。名前も分からないがきれいに咲いた。おババさんの渾身の作品である。

Img_2898


Img_2908_2


Img_2914_2

2010年8月27日 (金曜日)

2年ぶりのクロアゲハの幼虫

2年前のスダチの木に14匹も終齢幼虫が群れていたのが懐かしい。

それが昨年に続き今年も来てくれないかと思っていたら、この8月上旬クロアゲハが1羽のみ10分ほど庭のいつものスダチを飛び回っていた。おババさんが教えてくれてカメラを持って向けたが動きが速くて中々写せない。かろうじて写したのが下の写真だ。

Img_2282_3


それから1週間スダチを見に行ったら、いました、いました。小さな幼虫が1匹スダチの葉っぱにいました。卵から孵っていたのですね。
次の日も見に行ったがどこかにお散歩でした。今日は帰って来ているかなと見に行きましたらちゃんと帰って来て違う葉っぱに止まっていました。少し安心しました。


Cimg3639_3


また別の山椒の木には終齢幼虫が2匹で1匹はコカマキリ?に食べられていました。これも食物連鎖で仕方ありませんね。カマキリはもう1匹を片足で支えています。このあと私はカマキリを別のところへ写してやりましたが、もう一匹の足で押さえられていた終齢幼虫は、早くも今日はいませんでした。昨日はカマキリを除けてやったあと、蛹化の準備で山椒の葉っぱをもりもりと食べていましたので、蛹化のためにどこかへ旅立ったのだと私は考えています。


Img_2860_3


Img_2862_3


おババさんが朝の散歩の途中で、羽化したばかりのナミアゲハを助けた。

Img_2872_3


2010年8月26日 (木曜日)

白が咲いた

15日に赤などの朝顔が咲き始めて。ようやく19日に待望の白が咲いた。

遅くなりましたが見てください。

赤も妖艶だがこの白も何とも云えぬ美しさがある。

Img_2327_2


Img_2351_2


Img_2411_2


Img_2454


Img_2458


Img_2505_2


Img_2512_2


Img_2530_2


Img_2838_2

2010年8月17日 (火曜日)

今日の朝顔

毎日せっせと早起きして、朝顔を激写している。大体6時頃か。8時にはもうしおれるので早朝が勝負。

白が咲きそうであったが全開までには至らず。早く白のいい写真を載せたい。

赤はしっとりと妖艶だ。

矢車か、風車か。赤できれいに咲いている。薄むらさきもきれいだ。

隣りのムクゲも争っている。


Img_1977_2


Img_2052


Img_2173_2


Img_2180_2


Img_2181_2


Img_2197

2010年8月15日 (日曜日)

バーベキュー

12〜14日まで湘南の娘達がやってきました。

私たちは栃木の息子のところに来ていますので、おババさんの妹のKさんを含めて、総勢12人となりました。

有名な近くの那珂川のウナギを食べたり、庭でバーベキューをやって、地元の和牛のタンの塩焼きやホタテやホッキ貝や大エビ、イカ焼き、その他野菜もいっぱい焼いて食べました。

美味しかったです。ビールがまた格別でした。私は蚊取り線香の当番でした。

最後は花火で締めくくりでした。


Img_1608


Img_1610


Img_1618_2


Img_1658

Img_1722

2010年8月11日 (水曜日)

朝顔

2006年に咲かせた朝顔の種が、春に物置から見つかりました。

忘れてしまいましたが、大輪の白や赤があったように覚えています。

6月20日頃、早速北斜面に種を撒いておきましたが、7月2日双葉も出て今日8月11日見事に初咲きをしてくれました。 

4年目の種でもあり、発芽するか心配でもあり、毎朝起きたらすぐに見に行っていました。

2月弱掛かりましたのでホッとしているところです。あと続けて色々な花が咲いてくれるといいのですが。

大輪で花びらが柔らかく、なよなよとして、自分では中々うまく咲いておれない花のようです。こんな種類があるのですね。4年前も苦労した覚えがあります。

7月2日
Dsc00573_2


Img_1420


Img_1426


Img_1398_2

Img_1429

2010年8月 9日 (月曜日)

ヒグラシ

おババさんがヒグラシを捕まえて来た。死んでいましたが、私は初めてヒグラシを見ました。緑色をしたきれいなセミでした。

当地アブラゼミはあまりいませんが、ヒグラシが夕方4時頃の日暮れ頃から一斉にと云うほどでもありませんが、向かえの杉や檜の森の梢でカナカナカナ・・・・・と一斉に鳴き始めます。

これだけはこの季節止められませんね。7月の終わり頃から鳴いていますが、鳴き声が何とももの悲しく、晩夏を思わせる。心に響くと云うというものです。

アブラゼミもモクレンに止まってジイジイ・・とやっていた。

立秋は過ぎましたが、まだ暑い日が続きます。皆さんお体に気をつけてください。

Cimg3131_2


Cimg3125

朝焼け

5時前カーテンの色が真っ赤に染まって明るい。開けてみると空が真っ赤だ。

ああ「朝焼け」だ。滅多にないと思いながら。カメラを持って、いつもの小川までたらたらと下りて行く。

広い水田に出るので、そこで撮影開始。

「朝焼け」はその日雨の証拠、家に着いてすぐ雨が降って来た。予報ではこの2、3日雨の模様。

傑作ではないが雰囲気を味わってもらえれば。

上の3枚の両端は西の空。あとは東など。

4時51分〜5時19まで。


Img_1211_3 Img_1218_4 Img_1219_3


Img_1224_4 Img_1229_4 Img_1249_3


Img_1250_4 Img_1273_3 Img_1279_2

2010年8月 7日 (土曜日)

ジャスミン

ジャスミンの香り、とよく云いますが今年我が家で咲いています。ジャスミンのよい香りがまだ少しですが漂っています。

可愛い花ですね。おババさんとKさんが育てています。今回の仕立て私がやりました。

Img_1158_2


Img_1133


Img_1171_2


Img_1157_2


Img_1169_2

2010年8月 3日 (火曜日)

ゴイサギ 親のアップ

翌日、今度はデジスコを持って親を撮りに行った。

アップで撮るときれいな鳥だ。解説によると頭と背中は黒色となっており、黒い色をしたゴイサギも写真ではいるが、ここのゴイサギは青と白のきれいなツートンカラーだ。

後醍醐天皇が欲しいと云ったら、近くへ来て捉えられたと言うので正五位が授けられた。名前の由来である。平家物語は読んでいるが忘れた。


Dsc00796_2


Dsc00797


Dsc00804


Dsc00799_2


Dsc00801

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »