« オンシジューム | トップページ | ノスリとマヒワ »

2011年2月24日 (木曜日)

ザゼンソウ(座禅草)

今年は雪が多かったので、どうかと思い様子を昨日見に行ってきました。

寒さが続いたせいもありますが、今年もカメラに収めたくらいで多くはありませんでした。

私の目には年々減少しているのが伺えます。先ずはご覧ください。少し多くなります。

最後に当地の「ご案内」を添付しておきます。

Cimg2053_2


Cimg2029_2


Cimg2032


Cimg2041


Img_0306


Img_0304_2


Cimg2043


Img_0322


Img_0323


Img_0352_2


Cimg2045_2


Img_0349


Img_0320


Img_0335


Cimg2051


Cimg2065


大田原市指定天然記念物 「ザゼン草群生地」 大田原市北金丸 面積1.379.4㎡

ザゼン草(サトイモ科)
 山中の湿地に生える水芭蕉に似た多年草で、1〜2月に葉に先立って
高さ10〜20㎝の仏炎苞に包まれた花が現れます。和名は座禅草で花
の形を座禅をくむ僧にたとえたもの。近年、湿地帯が激減している中で
大田原市のように群生している状態は珍しく、多くの人たちが見学に訪
れます。北金丸のザゼン草群生地は、約2万株が自生しています。毎年
この約1割が2〜3月に開花します。

 群生地は、例年2月1日から無料で一般公開されていますが、このよ
うな田圃に囲まれた群生地は周辺環境の変化にともない激変することが
あります。私たちの共有財産として大切に守りたいと思いますのでご協
力お願いします。
 以上当地の「ご案内」より。

« オンシジューム | トップページ | ノスリとマヒワ »

花たち」カテゴリの記事

コメント

じいちゃん先生 有り難うございます。ザゼン草予定どおり咲いていました。
今年は少し遅いようです。3月の上旬から中旬が見頃と地元新聞が報道しています。
本当に消えないで欲しいです。世の中ままなりませんね。

ザゼンソウの、開花が早いですね。
こちらはまだ冬眠中です。(笑)
近くに群生地があるのですね。いつまでも消えないで
姿を残してほしいです。

水がつきものですから、なかなか管理は難しいと思います。
でも、春の気分だけでも味わって頂ければ幸いです。

雪解け後に 真っ先に咲く花の代表がフクジュソウとザゼンソウと言われていますが 今年も春到来ですね 案内文まで記載して下さりありがとうございました これからは野の花も楽しみですね 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オンシジューム | トップページ | ノスリとマヒワ »