« ようやくシジュウガラが来た | トップページ | 今朝の那須岳 »

2011年2月 1日 (火曜日)

コハクチョウが100羽 羽田沼は「ハクチョウの湖」だ

久しぶりに羽田沼へ来て驚いた。 ハクチョウの湖だ。

年末頃は10羽くらいだった。餌付けをやりだしたのかなとも思っている。

でもハクチョウは大きくきれいだ。

羽田沼が氷が張るのは珍しい。私はこの10年初めてだ。半分くらい凍っている。

カモは沢山いる。カワウ、オオバン、ツグミなどが負けずに顔を出した。

残念ながら冷たい風が吹き、サクラの芽もまだ小さく、ベニマシコはもう少しだろう。

Dsc02095_2


Img_8604_2


Img_8607


Img_8548


Img_8552_2


Img_8669_2


Img_8555


Img_8597_2


Img_8700_2


Img_8660

« ようやくシジュウガラが来た | トップページ | 今朝の那須岳 »

鳥たち」カテゴリの記事

コメント

年中無給さん お早うございます。
今年は寒さが続きますね。畑にはいつまでも雪が残っています。
別荘行き楽しみですね。
ベニマシコ現れるといいですね。
お互いに今年も頑張りましょう。

のぶごんさん お早うございます。
そうでしょうね。エサがあるのでしょう。10時半ごろ、次から次へと家族で下りてきました。
今年の冬は寒さが続いています。いつもと違うようです。昨年なら1日で雪は消えますが、今年はいつまでも道路や畑に残っています。

今年は雪も多いし寒さも厳しいので芽がほころぶのも遅れているのでしょう。
那須に行きたいのですが雪が多く迷って居ます。
ベニマシコの出番を楽しみにしています。

コハクチョウもこれだけ集まると壮観ですね 餌も大量になければ飛び去っていくでしょうに ツグミの寒さに向かって羽毛を膨らませて立っている姿も 厳しい冬を物語っていますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやくシジュウガラが来た | トップページ | 今朝の那須岳 »