« 卯の花 那須与一の郷 なかがわ水遊園 | トップページ | ナナカマド、コデマリ、オオデマリ。 »

2011年5月19日 (木曜日)

「夏は来ぬ」

前回の那珂川の「卯の花」が印象に残ります。「夏は来ぬ」あの懐かしい唱歌を皆さんで歌ってみませんか。

取り敢えず、忘れた所もありますので下に写してみます。

ご唱和をお願いします。


「夏は来ぬ」

            佐々木信綱作詞・小山作之助作曲

卯の花の、匂う垣根に
ホトトギス、早も来鳴きて
忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ


さみだれの、そそぐ山田に
早乙女(さおとめ)が、裳裾(もすそ)ぬらして
玉苗(たまなえ)植うる、夏は来ぬ


橘(たちばな)の、薫るのきばの
窓近く、蛍飛びかい
おこたり諌(いさ)むる、夏は来ぬ


棟(おうち)ちる、川べの宿の
門(かど)遠く、水鶏(くいな)声して
夕月すずしき、夏は来ぬ

五月(さつき)やみ、蛍飛びかい
水鶏(くいな)鳴き、卯の花咲きて
早苗(さなえ)植えわたす、夏は来ぬ


いい歌でですね。なぜか涙が出てきます。どうしてこういう歌が忘れ去られてしまうのでしょうか。


                                     Cimg3903_2

« 卯の花 那須与一の郷 なかがわ水遊園 | トップページ | ナナカマド、コデマリ、オオデマリ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

このコンピューターの日本語訳を担当した人は、この歌を知らなかったのではないでしょうか。
辞書に入っていなかったと言うことかな。

追加でくどいようですが「なつはこぬ」 で変換しますと 「夏は来ぬ」 なんです 全く意味が正反対なんですね 

のぶごんさん その通りなのです。何回転換しても「夏は来ぬ」に変りません。そう云うことだったのですね。悲しいことです。

日本には四季折々の心の唄がありますね(ありました?) 夏は来ぬはその代表的なものですね パソコンで 「なつはきぬ」を変換しますと 夏は絹 夏は着ぬ 夏は衣 なんです 悲しくなります 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 卯の花 那須与一の郷 なかがわ水遊園 | トップページ | ナナカマド、コデマリ、オオデマリ。 »