« 最近の鳥や昆虫や花たち | トップページ | 庭の花たち 5/12 »

2011年5月11日 (水曜日)

コゲラ

今日は久しぶりに、コゲラの写真です。

2、3日前に烏ヶ森公園に行ってきました。何気なく花も落ちたサクラの木に何か動いているので、よく見たらコゲラでした。あわてて撮りました。


Img_2395


Img_2397


Img_2402

西那須野の歴史を少し。
この公園の丘の上は現在立派な烏ヶ森神社となっていますが、明治14年1879年那須疎水を建設するように、丘に上がり、伊藤博文と松方正義に地元の印南丈作と矢板武が計画を説明した場所。

その後計画は翌1880年決定し、遂行され、ただ今では立派な「那須疎水」が流れ、西那須野一帯の農業特に水田にはなくてはならない「水」資源となっています。

日本3大疎水として 琵琶湖疎水(滋賀県)、安積疎水(福島県)、那須疎水(栃木県)があります。

サクラの烏ヶ森公園(右上が会談場所で今は神社)

また余分なことですが、孫たちが通っている槻沢小学校(つきぬきさわ小学校)は明治8年1875年開校の「育才学舎」が前身です。開校136年となります。古いですねえ。

Cimg3192_2


Dsc02545_2

« 最近の鳥や昆虫や花たち | トップページ | 庭の花たち 5/12 »

鳥たち」カテゴリの記事

コメント

こちらこそ 勉強させて頂いてます。
いつ見ても年中無給さんのカワセミはすばらしい。
飲み水もなかったようで大田原城まで水を引いたようです。

ご無沙汰しています。
先人たちの苦労が今に伝えられ、みんなで楽しめる那須野が原にになった訳ですね。
勉強になりました。年中花に囲まれての生活羨ましいです。

那須野が原は那須岳の噴火による砂礫により出来た土地なので、大昔から不毛の土地で、家の近くの蛇尾川(さびがわ)も水無川です。頼朝も狩りしか出来なかったのでしょう。鍋掛などと云う地名があります。
槻沢小学校の130年記念事業では私も長孫と那須岳へ登山しました。

荒野の那須ヶ原開拓の歴史の中心は 那須疏水の造成でしたでしょうね 富豪の華族等が中心となった事業だけに 他地域の貧乏士族の疏水とは異なって格式高いものだったのでしょう 槻沢小学校の歴史の古さは凄いですね 名古屋の愛知一中(旭丘)やCAの歴史より9年も古いとは・・・お宝ものですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近の鳥や昆虫や花たち | トップページ | 庭の花たち 5/12 »