« エナガ | トップページ | ジョウビタキとメジロ »

2012年2月15日 (水曜日)

私のフィールドにたくさんの鳥たち

蛇尾川(さびがわ)のほとり、この川に注ぐ湧き水の小川の周辺を私のフィールドと

自分で勝手に名付けて呼んでいる。真ん中に林があり、その周辺を水田が取り囲んでいる

一回り約1キロばかりのフィールドだ。鳥探しにはもってこいの場所だ。

しかし最近10年ではめっきり鳥の数や種類が減少している。

オオタカやウソなども今は居ない。そんな中2月12日は朝から暖かい日となり

小川の川岸にどっしりと座り込んで、向こう岸の雑木林を睨んでカメラを構えていた。

少し被写体までの距離が遠く、鳥たちが小さいのでトリミングしている。

手ぶれもあり、見にくいですがよろしくお願いします。

先ずはアオサギが驚いて飛び上がった。水泡は羽ばたきの水だろうか。

Img_4896_3

ベニマシコのオスメスようだ。

Img_4902_2

カワラヒワ

Img_4920_2

ジョウビタキ

Img_4935_2

ここではヤマガラに会えた。

Img_4965_2

ホオジロ

Img_4997_2

カシラダカ

Img_5031_2

キジバト少し遠いが。

Img_5038_2

ツグミ

Img_5052_2

キセキレイ他のと同じ木に止まってくれた。

Img_5082_2

腰を落ち着けてじっくり探せば、居るものだなあと思った。
遠くからの撮影が良かった。


« エナガ | トップページ | ジョウビタキとメジロ »

鳥たち」カテゴリの記事

コメント

季節になっても渡り鳥が減少していると専門家も言っています。やはり私も地震の影響ではないかと思っています。
私たちが少しは落ち着いて来たように、鳥たちも落ち着いて来たのだと思います。
しかし放射能問題はこれからが始まりだと思います。
放射能0しか売りませんと云うスーパーも出てきました。大きな問題となるでしょう。

一挙に小鳥の数々 羨ましいですね 少しは地震も落ち着いてきたのでしょうか 今年は鳥たちの餌が野山に豊富だったんでしょうか やっと里へ下りてきたような気がします 春本番に向けての楽しみが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エナガ | トップページ | ジョウビタキとメジロ »