« 雪の朝 | トップページ | 雪のその後 »

2012年2月27日 (月曜日)

ロウバイとツバキ

我が家のロウバイは毎年まったく惨めな花となってしまう。

おババさん達に聞く所によると、1月の蕾のうちにヒヨドリが毎年啄んでしまうらしい。

そうと知っておれば、ビニールの袋をかぶせておくのだった。

もっと早く言って欲しいとクレームを付けた。

次のはツバキだと思いますがどうでしょうか、サザンカももっと早くに

咲いていたような気がした。ほんの少し大きかったように思う。

隣りの木ですがスズメのお宿になっています。

Cimg2082_2


Cimg2087_2


Cimg2088_2


Cimg2091_2


« 雪の朝 | トップページ | 雪のその後 »

花たち」カテゴリの記事

コメント

いつも有り難う。
渡り鳥異変です。
福岡の人も今年はジョウビタキもメジロも見ないと云っておられました。岐阜でもスズメすら見ないと言っています。
私の推察ですが、収まらない日本列島の地震を鳥なりに危険を察知しているのだと思います。
こちらもヒヨドリも少ないです。

全くヒヨドリは 我が家もモクレンの花芽というか蕾が先っぽからかじられたり 椿は咲くとすぐに花粉を食べて花が台無しになったり です ミカンが安ければミカンに誘えるのですが 今年はまだマンリョウがぶじなのでヒヨドリが少ないのでしょうね 異変です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の朝 | トップページ | 雪のその後 »