« ザゼンソウがようやく咲きました | トップページ | 今年は早い セッコクたち »

2012年3月10日 (土曜日)

つるしびな展

私の地域の公民館で、「みんなのつるしびな展」が開催されていました。

そのものを近くで見るのは初めてでしだ。何と美しいものか初めて知りました。

「吊るし雛は子供のすこやかな成長を祈り
    いろいろな願いをこめて作ったと云われています」

  椿・・・・・・蕾のまま寒い冬を過ごし、花を咲かすので堪えるの意
  這子人形・・・早くはいはいが出来丈夫に育つように
  鶴・・・・・・長寿の象徴であり、子供の長生きを願う
  風車・・・・・風をうけて元気に可愛らしく育つように
  桜の花袋・・・桜の花のように美しく可愛らしく育つように

    などいろいろな形に願いをこめて作るのだそうです。

子供たちと会員さんなどの世代間交流があり、3/3〜12日(月)まで開催されています。

館長さんと会員さんの了解を得て掲載しています。

(写真は無断掲載禁止作品です)


Img_6151


Img_6152


Img_6175


Img_6180


Img_6188


Img_6192


Img_6195


Img_6196


Img_6199


Img_6187_2


« ザゼンソウがようやく咲きました | トップページ | 今年は早い セッコクたち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

実は写真ですが、DVDにて制作してみました。うれしいひな祭りの歌も入れたので、うまく出来て大変喜ばれています。我ながら良く出来ました。

吊るし雛 こうして繊細な写真で初めて見ました 大変手のかかった芸術作品ですね これは毎年作るものなのでしょうか 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ザゼンソウがようやく咲きました | トップページ | 今年は早い セッコクたち »