« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月30日 (火曜日)

カサブランカが咲きました!!

カサブランカは白が本当のようですが我が家には3色が揃っています。
ピンクのカサブランカ。黄色のカサブランカ。そして白のカサブランカです。
花の大きさは20センチあまりあり大型です。7月中旬に黄色、ピンクと咲き
下旬に白が咲きました。花が大きいのでどれも見栄えがします。

この花が咲く時は何時もハンフリー・ボガードとイングリット・バークマンの「カサブランカ」を思い出します。


2013年7月29日 (月曜日)

乃木神社に落雷!

27日夕刻3時頃から6時にかけて、連続する強烈な雷を伴う、猛烈な夕立が来た。テレビの報道では大田原で観測史上初めての1時間に86、5ミリの雨が降ったと云うほどすごかった。怖かった。

この時。乃木神社の大きな一本杉に落雷したらしい。

翌日の早朝の散歩でおババさんたちが発見して来た。直ちに報道斑は駆けつける。

雷嫌いのKさんは布団を被り、耳を押さえていたと云う。

生木を裂かれるとはこのことか。

この大雨は山口県に大きな被害をもたらした。異常気象は何時まで続くのか。

庭仕事にかまけてBlog更新出来ず申し訳なし。


P1090682


P1090692


P1090683


P1090687


2013年7月22日 (月曜日)

我が家は花盛り

5月12日の芝生の根切りの頃は芝生もはげ、庭全体が寂しいかぎりでしたが7月も中過ぎ、どうにか全体に明るくなって来ました。

寂しい冬枯れの庭を少しでも早くとこの二ヶ月頑張って来ました。ペチュニア、マリーゴールド、デージーなど見栄えのする花を先ずは購入して植えました。今はマリーゴールドの二年生も咲き、「のぶごんさん」の
ダンギクもまだ頑張っています。また公園で頂いたグラジオラスも順番に咲いて行きます。

遠くには黄色ピンクのカサブランカが咲き誇っております。

そしてもっと花を広げようと百日草と矢車草も種から植えましたがぼちぼち咲き始めました。

窓を開けると賑やかな花たちの姿が一度に目に入ります。

梅雨のうっとうしい時には、花はなぜ心を休めて呉れるのでしょう。

私はまだまだいっぱいやる事だらけですが、庭も元気に見えてきます。

同じものばかりですが今日の花を送ります。


P1090496


P1090489


P1090441


P1090490


P1090489_2


P1090433


P1090519

↓珍しく芝生にトノサマバッタがいました。

P1090438

↓オニヤンマも一休みです。

P1090511


2013年7月20日 (土曜日)

白のフウランが咲いています

梅雨は明けたのでしょうか。暑さだけは猛暑日が続きますが各地で猛雨の被害。
変なお天気が続きます。熱中症に猛雨にお気をつけ下さい。


白いフウランが咲いています。

この白いフウラン(風蘭)はすでに35年を経過しました。昨年までおババさんが3鉢まで増やしましたが、昨年手入れの際に2鉢に戻って元気になっています。

ピンクのフウランは当地で購入したものですが寒さに耐えられず4年前に消えたようです。

白のフウランを見て下さい。

Cimg1084


Cimg1092


Cimg1102


Cimg1085


Cimg1090

P1090480


2013年7月17日 (水曜日)

今年の乃木公園のゴイサギたち

昨年秋、乃木公園の放射能汚染の除染作業がようやく終わった。池回りの歩道や森の中の散策歩道はすべて削り取られ新しい砂利が敷かれた。

その時池の島の樹木も伐採されて、ほとんど丸坊主となった。つまりゴイサギがコロニーを作っていた松も伐採された。ご覧のような状態だ。

だから今年のゴイサギは親1羽幼鳥(ホシゴイ)1羽の2羽しか来ていない。寂しい限りだ。


↓昨年はほかの松にも沢山来ていたホシゴイたち。(昨年のホシゴイ)

Img_1159


↓現在の島はこんな状態です。残した松も枯れている。カワセミも姿を見せなくなりました。

P1090221

↓今年のゴイサギ。2羽だけで寂しそう。

P1090198


P1090255


2013年7月14日 (日曜日)

オニヤンマの羽化

7/12、6時過ぎ、おババさんたちが朝の散歩から引き返して来た。理由はオニヤンマの羽化したところを見つけたと云う。早速乃木さんの近くの現場までカメラを持って400mを走る。

間に合った。この道路の下にはきれいな自然の2m幅の小川が流れている。ヤゴは5mほどを這い上って来たのだ。

お陰でオニヤンマの羽化したばかりの写真を撮ることが出来た。

P1090146


P1090128


P1090157


P1090159

勉強不足であるが子供の時から大きなトンボはギンヤンマとオニヤンマだけだと思っていた。この度「おかりん」さん(http://okaelin.cocolog-nifty.com/)の7/10のBlogでサナエトンボ科があることを知った。ブッポウソウが咥えている2枚の写真は「ヤマサナエ」と云うトンボだそうだ。このご返事で初めて知った。

ヤマサナエ、ヤマサナエこんな名前のトンボがいるのかと初めて知った。うかつだったと思う。
調べて見るとあるはあるは沢山のトンボ科がある。サナエトンボ科もその一つだった。
もう一つ唯一撮ったことのある「ウチワヤンマ」はサナエトンボ科と判明した。
何時も参考にしている子供用の「昆虫」図鑑にもヤマサナエは載っていた。
79才にして初めて「サナエトンボ」を認識した。衝撃の事実である。

「おかりん」さんのブッポウソウのオニヤンマと今回の私のBlogのオニヤンマの羽化と時期が重なり何か発見と知識の因縁めいたものを感じた。

2013年7月11日 (木曜日)

猛暑日続く

おババさんは熱中症になるから止めよと申しますが、昨日は午前中10時から11時半までブルーベリーの下草取りをしました。麦わら帽のしたにはべたべたの濡れた手拭を乗せています。シャツも全部べたべた。 あつい! 


中座しましたが本日7/11午後4時におババさんの主治医の自治医大から帰って来ました。今日はおババさんの検査の日。異常なし。

自治医大まで自宅より片道70km往復140キロの行程。この日の予約時間は遅く13時30分でしたので我が家を朝10時に出発して午後4時に帰って来ました。

Cimg1070

夜になって昨日のBlogを作成しています。

↓草取りの作業中にトカゲさんが遊びに来てくれました。この時点で当地は35度を超えていたのではないでしょうか。最終的には発表は34度でしたが体感的には40度くらいありました。


Cimg1038


Cimg1039

↓暑さのお陰で芝生が勢いよく育っています。いわゆるチドメクサ?と云う雑草が後から後から生えて来ますので頭に来ています。

Cimg1040

↓4年くらい前に袋田の滝へ行った時に近くの公園でお祭りがあり、そのとき頂いたグラジオラスの球根が今年もきれいに咲いています。まだ一株ですがこれから咲くことでしょう。

Cimg1042

↓黄色カサブランカとピンクのカサブランカ。沢山咲き始めました。


Cimg1048


Cimg1058


Cimg1055


Cimg1050

↓ワレモコウが私も見て下さいと背を高くしています。

Cimg1053

柵の作りが直っています。本日はこの辺にて。


2013年7月 8日 (月曜日)

今日の花たち

↓ピンク色と黄色のカサブランカが咲き始めました。
今年の初花です。末には白も咲いてくれるでしょう。

Cimg1031


Cimg1028

↓当地はアジサイが今です。「スミダノハナビ」今年も咲いています。
雨が多くちょっとしゃんとしていません。

P1090088

↓クチナシがひっそり咲いています。

P1090090

↓芝生もどうやら根付いたようです。花たちも賑やかです。

P1090100

↓木イチゴも実って来ました。

Cimg1039

↓収穫した後ですが、ポリ袋にいっぱい。1キロ以上ありました。

Cimg1042

↓乃木池にカルガモの子供たちが戻って来ています。

P1090078

↓初めてですがこの山里でも出会い頭の衝突です。地の車ではありません。おまわりさんが来ていました。

Cimg1008


2013年7月 3日 (水曜日)

ミヤマクワガタ

うっとうしい日が続いています。早7月も3日となりました。

庭の花壇や畑や斜面の草取りで悪戦苦闘しています。

7/1お父さんが子供の為に那須岳の麓の農家から貰って来たミヤマクワガタです。

飼育箱とマットはありましたので、エサと止まり木は買って来ました。

古いマットなのでよく天日に干して入れてやり、小孫(小4)に渡しました。

久しぶりにビック昆虫のBlogとなりました。メスを探してやりたいですね。


P1090064


P1090065


P1090066


« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »