« 猛暑日続く | トップページ | 今年の乃木公園のゴイサギたち »

2013年7月14日 (日曜日)

オニヤンマの羽化

7/12、6時過ぎ、おババさんたちが朝の散歩から引き返して来た。理由はオニヤンマの羽化したところを見つけたと云う。早速乃木さんの近くの現場までカメラを持って400mを走る。

間に合った。この道路の下にはきれいな自然の2m幅の小川が流れている。ヤゴは5mほどを這い上って来たのだ。

お陰でオニヤンマの羽化したばかりの写真を撮ることが出来た。

P1090146


P1090128


P1090157


P1090159

勉強不足であるが子供の時から大きなトンボはギンヤンマとオニヤンマだけだと思っていた。この度「おかりん」さん(http://okaelin.cocolog-nifty.com/)の7/10のBlogでサナエトンボ科があることを知った。ブッポウソウが咥えている2枚の写真は「ヤマサナエ」と云うトンボだそうだ。このご返事で初めて知った。

ヤマサナエ、ヤマサナエこんな名前のトンボがいるのかと初めて知った。うかつだったと思う。
調べて見るとあるはあるは沢山のトンボ科がある。サナエトンボ科もその一つだった。
もう一つ唯一撮ったことのある「ウチワヤンマ」はサナエトンボ科と判明した。
何時も参考にしている子供用の「昆虫」図鑑にもヤマサナエは載っていた。
79才にして初めて「サナエトンボ」を認識した。衝撃の事実である。

「おかりん」さんのブッポウソウのオニヤンマと今回の私のBlogのオニヤンマの羽化と時期が重なり何か発見と知識の因縁めいたものを感じた。

« 猛暑日続く | トップページ | 今年の乃木公園のゴイサギたち »

昆虫たち」カテゴリの記事

コメント

のぶごん様 例年より早い梅雨明けとは言え、まだ7月半ば猛暑にはかないませんね。気をつけて下さい。
ヤマサナエ よく見るとやはりオニヤンマとは違いますね。勉強しました。

おババさんの目の早さには本当に驚きです。路傍の昆虫でも花でも鳥でも素早く見つけます。神業ですね。大変助かっています。
もうじき私が種を買って来た百日草と矢車草が咲くことでしょう。
兎に角日中の働き手は私しかいないので広い庭?で大変です。5月から係っきりです。
まあとしですからゆっくりやらしてもらいます。
ブルーベリーは惜しいことをしました?3回ほどの収穫で1キロ以上が妹の冷凍庫に入っています。妹は料理上手で色々楽しませてくれます。

私は子どもの頃はトンボ捕りの名人だったのです 名古屋ではシオカラ・ムギワラそしてヤンマとゴーロが・・・サナエトンボやイトトンボなどは街中にはいなかったので 全く知らなかったのです 最近になっていろいろ勉強しております 楽しいですね

 おババ様の 発見観察の鋭さがあってこそブログの質の高さがあるのですね。学びの日々は年齢に関係なく喜びにつながります。(私は昆虫は苦手ですけれど・・・! ! ! ) お庭の花々が目を楽しませてくれますね、愛と努力の結果のたまものです。猛暑につぐ猛暑です。熱中症は気がつかないうちになっていることがあります、オババ様のお言いつけを守って作業に励んでくださいませ。我家のブルーベリーは息子の車庫を建てるために根こそぎ抜かれてしまいました。くやしい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猛暑日続く | トップページ | 今年の乃木公園のゴイサギたち »