« 蛇尾川(さびがわ)の伏流水の噴出口を発見 | トップページ | 今日もやって来た鳥たち »

2013年12月24日 (火曜日)

我が家も自然放射線量の範囲内で安心。

年が開けて3月となると「東日本大震災」から丸3年を迎えますが、那須塩原市(東電福島第一原発より我が家までおおよそ直線で100キロ)の小中高の学校や公民館など市民の使用する主な建物土地などの除染作業はほぼ終了し、ただいま市民の住宅などの除染作業が進んでいます。春に申し込んだ除染作業は12月13日実施の事前調査の放射線量測定結果が基準値以下であることから、我が家の除染作業は行わなくても良いこととなり少しは安心はしています。我が家の庭の測定結果は下記写真の通りです。

我が庭周りは平均0.18μSv/h(マイクロシーベルト)で年間では1.6mSv(ミリシーベルト)と
なる。日本平均の一人当たりの自然放射線量は1年間約2.1ミリシーベルトと云われています
ので、我が家も自然放射線量の範囲内と云えます。市内で販売されている食品はすべて検
査済みのものであり、この2年間我々も子供たちも安心して食べているわけです。

最近の当地の放射線量について参考までにご報告しました。

P1140754_2


« 蛇尾川(さびがわ)の伏流水の噴出口を発見 | トップページ | 今日もやって来た鳥たち »

自然その他」カテゴリの記事

コメント

のぶごんさん いよいよ今年も大詰めに来ました。あっと言う間です。
高校の牧草は始めの1年分2年分の収穫したものは牛に食べさせないで、別途保管してあるようです。また一般住宅や農家で除染作業が行われたとは聞いていません。

震災の後遺症は いろいろの意味で続きますが 放射線量の検査結果は 安全圏ということで安心しました 近くの農業高校の牧草なども心配だったでしょうね 調査の結果 近くで除染作業を要する家が有りましたでしょうか    

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蛇尾川(さびがわ)の伏流水の噴出口を発見 | トップページ | 今日もやって来た鳥たち »