« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月25日 (水曜日)

白いカサブランカが咲きました

ピンクと黄色に先導されながら、我が家のお姫様はようやくお出ましとなった。一人娘なので大事にお爺様に育てられました。流石に清らかで豪華ですね。

P1170851 P1170856 P1170860


P1170872 P1170873 P1170877

風蘭が咲いています
もう20年以上でしょうか。相模原市の園芸店で高い1鉢(ひと鉢)を思い切って購入しておババさんに喜んでもらった思い出の風蘭です。おババさんの愛情で今年も元気に咲いています。

Img_5548 Img_5555 Img_5551

2回目のブルーベリーの収穫と最初の収穫のブルーベリーのジャムです。甘酸っぱくて美味しいジャムをお母さんが作ってくれました。毎日の朝食でいただいています。

Img_5546 Img_5544 P1170846

その後黄色のカサブランカも沢山開花しています。グラジオラスは最初は黄色や赤でしたが、最後はピンクのグラジオラスとなりました。百日草も庭のあちこちで沢山咲いています。

P1170818 P1170826 P1170848


2018年7月12日 (木曜日)

7月11日ブルーベリーの初収穫ほか

昨日はブルーベリーの初収穫をしました。ヒヨドリがうるさく略奪にくる頃が収穫の時期です。地面にたくさん落ちていますが仕方ありません。
今年は暑さのせいか大粒が混じっています。1キロはありますね。食卓にも上りましたが残りはブルーベリージャムとなります。2、3日したらまた収穫しよう。

P1170777 Img_5529 Img_5528

花ショウブは録り損なったと思っていたらスマホで撮っていた。良かったよ!
ナスビも収穫は順調です。この昆虫は毎年見ますがヤブキリかコロギスでしょうか?よく分かりません
Img_5513 Img_5522 Img_5524


2018年7月 8日 (日曜日)

カサブランカが咲き始めました。グラジオラスも!

当地は至って静かな雨で収まりほっとしています。異常気象は続きますね。日本は大丈夫ですかね。
死者、行方不明者100人以上の大災害で、早急な復興を望みます。

続いて我が家の「花たち」を送ります。少しでも明るく、貯め撮りですが最新版をお送りします。


最初はカサブランカです。黄色も大輪が1つ咲いています。30センチ以上の草の中からお出ましです。
ピンクも今年は先に咲いて賑やかです。
P1170763 P1170764 P1170765


P1170766 P1170767 P1170768

続いてグラジオラスです。雨のため5本も途中から折れていましたがなんとか支柱で支えてやりました。
P1170743 P1170760 P1170761

次はヒャクニチソウです。今年は慎重にタネからポットで種植えして慎重に育てました。いろいろの種類が混じっており、綺麗にあちこちで咲いています。
P1170712 P1170718 P1170721


P1170724 P1170731 P1170734

メダカの鉢のホテイアオイの花が咲きました。小さな金魚も5匹入れましたので卵は食べられてしまっているのでしょうね。なかなか見つかりません。
甘草は10年ぶり以上でしょうね。ツツジの中では面倒なので前に抜いてしまったものですが、わたしが不精している間に咲いてしまいました。花は少々シワシワですが割と綺麗な花ですね。
ムクゲは毎年剪定の後に咲かせるのですが、作業が追いつかずそのままで咲いています。八重ですが綺麗に咲いています。剪定しないほうがいいみたい!

P1170739 P1170755 P1170773

レッドベリー?とラズベリーとこちら7月が旬のアジサイです。

P1170683 P1170691 P1170697

とにかく雨も多いですが、根気がなくなりました。更新が遅れがちですがご容赦ください。


7月の昆虫たち ヘイケホタルなど

最近では珍しいヘイケホタルを見た。お父さんが那須岳の麓で開いているNPOの近くで見つけて見せてくれた。弱っいるようなのですぐに西那須野のホタルの川に逃がしてやった。
わたしは初めて見た。ゲンジホタルより小型のようだ。小型なのでヘイケホタルと名付けられたらしい。ホタルを見たのはもう何十年も昔のことかな。

P1170702 P1170704 P1170705

オニヤンマとアオイロイトトンボ? オニヤンマは平然と庭を飛翔している。

P1170713 P1170714 P1170727

7月に入ると庭のあちこちで沢山のナナフシが動き出す。
P1170749 P1170750 P1170751


« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »